More Than Honey…みつばちの大地…

MV5BMTYwMDA1NDI1MF5BMl5BanBnXkFtZTcwNDM0MzQ4OQ@@__V1_SY317_CR4,0,214,317_AL_
監督: マークス・イムホーフ



(allcinema映画データベースよりコピペ)
近年、謎の大量死や集団失踪が世界的に大きな問題となっているミツバチをテーマに描くドキュメンタリー。大昔から植物の受粉に関わり、人類のみならず地球上のすべての生命の営みにとって重要な存在であり続けたミツバチ。しかしいま、突然姿を消す不可解な現象が各地で発生している。マークス・イムホーフ監督は、その原因を探るべく、世界中を巡って養蜂家や研究者にカメラを向けるとともに、我々の生活と深い繋がりを持つミツバチの生態を驚異のマクロ映像で映し出していく。



“ミツバチが死滅すれば、その三年後には人類も絶滅する”と明言したのが、アインシュタイン。植物の結実に大きく関与するミツバチの存亡が人類の未来を左右するのは、あたりまえの自然の摂理ですが、人類はそんなルールをも支配するかのように、ミツバチの家畜化を進める。また一方では、ミツバチの役割を人間の手作業に負わせることも。。。

ドイツ、スイス、アメリカ、中国、オーストラリア、とワールドワイドに綿密な取材を重ねて製作されたこの作品は、単なる文明批判に留まらず、経済を優先させる人間の営みの行く末に疑問を投げかける。淡々と積み上げられる映像とナレーション(なんと、日本語吹き替え!)は、若干抑揚に欠け眠気を誘いますが、我々を待ち受けるすぐそこにある未来を覗きたくなる、そんな真面目なドキュメンタリー作品でした。
スポンサーサイト
  •   03, 2014 12:30
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment