Dawn of the planet of the apes…猿の惑星:新世紀…

東京滞在中はもとより、名古屋に戻っても映画を観る時間がとれず、更新が滞ってました。
久しぶりの映画ネタUP!!!です。



MV5BMTgwODk3NDc1N15BMl5BanBnXkFtZTgwNTc1NjQwMjE@__V1_SX214_AL_.jpg
監督: マット・リーヴス
キャスト:アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、 ニック・サーストン、ジュディ・グリア、コディ・スミット=マクフィー



(aiicinema映画データベースよりコピペ)
SF映画の金字塔「猿の惑星」を装いも新たにリブートした大ヒット・アクション「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編。前作から10年後の世界を舞台に、猿の英雄シーザーに率いられ独自の文明を築き始めた猿の集団と、存亡の危機に陥った人類が、共存と対決の最終選択を迫られる中、それぞれの存亡を懸けた決断の行方を描く。主演は前作に引き続きシーザー役を務めるアンディ・サーキス、共演にジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン。監督は新たに「クローバーフィールド/HAKAISHA」「モールス」のマット・リーヴス。
 高度な知能を獲得した猿のシーザーが自由を求めて立ち上がり、仲間たちを率いて人類への反乱を起こしてから10年。猿たちは進化を加速させ、森の奥に文明的なコミュニティを築いて平和に暮らしていた。一方人類は、蔓延したウイルスによっておよそ90%が死滅し、わずかな生存者グループは、荒れ果てた都市の一角で身を潜めるように暮らしていた。そんなある日、電力が底をつきかけた人間たちは、ダムの水力発電を利用しようと猿のテリトリーに足を踏み入れてしまい、一触即発の危機を招く。最悪の事態だけは避けたい平和主義のマルコムは、猿のリーダー、シーザーと接触し、次第に信頼関係を築いていく。やがて2人は猿対人類の全面戦争を回避すべく仲間たちの説得に力を尽くすのだったが…。



前作『猿の惑星:創世記』は、未知のウィルスが世界中に蔓延するパンデミックを予兆させるエンドロールで閉じられました。今作はまさにその続編。しかし、人間社会の行く末などあくまでも添え物扱い、シーザーという偉大な指導者のもと、猿族が知性的な社会を維持している様子が丁寧に描かれます。
テーマとなるのは、人間社会との関わりを巡る猿族内部の抗争で、これは言わば『サル山のボス争い』ですが、対立の二重構造を示す事で、サスペンスの度合いが高められてます。

しかしそれにしても、シーザーが余りに偉大過ぎる。このまま、人間社会との対立が深まったとしても、彼がリーダーである限り、彼の思想が受け継がれる限り、オリジナル版にあったような人間奴隷化なんて事は起きそうも無いな…。このリブート版は、オリジナル路線から大きくレールを外れ、何処へいくんだろう。

そういえば、ティム・バートンが撮ったリメイク版『Planet of the apes』ってのもあったっけ。すご~く評判悪かったけど…。
スポンサーサイト
  •   11, 2014 23:30
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment