A MOST WANTED MAN…最も狙われた男…


監督:アントン・コルベイン
キャスト: フィリップ・シーモア・ホフマン、レイチェル・マクアダムス、ウィレム・デフォー、ロビン・ライト、グリゴリー・ドブリギン、ホマユン・エルシャディ、ニーナ・ホス、ダニエル・ブリュール


(allcinema映画データベースよりコピペ)
 ジョン・ル・カレの同名スパイ小説を「コントロール」「ラスト・ターゲット」のアントン・コルベイン監督で映画化。ドイツのハンブルクに密入国した国際指名手配中のチェチェン人青年を巡って、ドイツの諜報員はじめ様々な組織や個人の思惑が激しく交錯していくさまを緊張感あふれる筆致で綴る。主演は2014年2月に本作の一般公開を迎えることなく急逝した「カポーティ」「ザ・マスター」のフィリップ・シーモア・ホフマン、共演にレイチェル・マクアダムス、ウィレム・デフォー、ロビン・ライト、ダニエル・ブリュール。
 ドイツの港湾都市ハンブルク。同国の諜報機関によって一人のチェチェン人青年イッサ・カルポフの密入国が確認される。イスラム過激派として国際指名手配されている人物だった。テロ対策チームを率いるギュンター・バッハマンは、彼を泳がせてさらなる大物を狙う。一方、親切なトルコ人親子に匿われ政治亡命を希望するイッサを、人権団体の若手女性弁護士アナベル・リヒターが親身になってサポートしていく。イッサは、そのアナベルを介して銀行家のトミー・ブルーと接触を図る。CIAも介入してくる中、アナベルとトミーの協力を強引に取り付けるや、ある計画へと突き進むバッハマンだったが…。




フィリップ・シーモア・ホフマンの遺作は、緻密に練られた上質サスペンス映画でした。これ多分、今年最高のサスペンス映画。ガン・ファイトもカー・アクションもない静謐な空気の元、ハンブルグを舞台に米独各諜報機関の駆け引きが二重三重に絡み合い、最後の最後まで緊張の糸が切れません。
オリジナルの小説と脚本が良い事は容易に想像できますが、主役を演じたホフマンが素晴らしい!決してイイ男でもない太目の彼が、圧倒的な存在感でゆるぎない意思を示す秘密組織のリーダーを好演。言葉の端々に隠された様々な伏線を、絶妙な台詞回しで表現していきいます。とにかく凄いね。最後に『F**K YOU!』と天を仰いで吼えるシーンが印象的でした。

忘れもしない、彼を初めて観たのは、アル・パチーノがオスカーを獲得した『セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992年)』での高校生役。名門高校へ通う良家の子息で、父が有力者であるが故に姑息で不誠実な生徒を実にリアルに演じていました。二枚目役は張れないけれど、一癖も二癖もある人物を演じさせたら最高。近年では、オスカーに輝いた『カポーティ』や新興宗教の教祖を演じた『マスター』などが思い出されます。まだまだ、これから、凄い演技を見せてくれるはずだったのに、いやあ実に残念です。

ネタバレになるので多くは語れませんが、テロ対策の混迷度が如実に感じ取れるストーリーは、まさにJUST ON TIME。世界は、陰謀と策略で動いているのね。。。
スポンサーサイト
  •   22, 2014 16:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment