THE 100-YEAR-OLD MAN WHO CLIMBED OUT THE WINDOW AND DISAPPEARED…100歳の華麗なる冒険…

MV5BNzUwNzAxMDUwM15BMl5BanBnXkFtZTgwMzEzNTEwMTE@__V1_SY317_CR5,0,214,317_AL_
監督:フェリックス・ハーングレン
キャスト: ロバート・グスタフソン、イヴァル・ヴィクランデル、ダーヴィッド・ヴィーベリ、ミア・シャーリンゲル、イェンス・フルテン、アラン・フォード



(aiicinema映画データベースよりコピペ)
 ヨナス・ヨナソンの世界的ベストセラー『窓から逃げた100歳老人』(西村書店刊)を映画化し、本国スウェーデンで大ヒットしたアドベンチャー・コメディ。老人ホームから逃げ出した100歳の老人が繰り広げる大冒険珍道中の行方を、激動の20世紀を生き抜いた彼の波瀾万丈の人生と共にユーモラスに綴る。主演はスウェーデンを代表するコメディ俳優、ロバート・グスタフソン。監督は俳優としても活躍するフェリックス・ハーングレン。
 老人ホームで100歳の誕生日を迎えたアランだったが、何を思ったか窓から脱出して当てのない旅に出る。その道中、ひょんなことからギャングの黒い金が詰まったスーツケースを持ち逃げして追われる身に。それでも、まるで動じる様子のないアランは、途中で知り合った70歳の老人ユーリウスと意気投合、飄々と酒を酌み交わす。そんな恐れ知らずの超マイペース老人アランだったが、それもそのはず、彼はその100年にわたる人生の中で幾多の歴史的節目に立ち会い、フランコ将軍やスターリンはじめ何人もの歴史上の要人と親交を持ってきた、知られざる20世紀の大人物だったのだ。




いやあ、とにかく驚きました。舞台は福祉王国スウェーデン、老人ホームを逃げ出した100歳の好好爺が、ユルユルと旅を続けるロードムービーかと思いきや、とんでもない!爆破マニアとして歴史を生き抜いた過去と、大金を巡り悠々とギャングと渡り合う現在とを語りつくす奇想天外な人生ドラマでした。
しかも、そのぶっ飛び具合が、あの『フォレスト・ガンプ』を凌ぐ勢い。“人生なんて、ああしようこうしようと思い巡らせたって、所詮なるようにしかならない。”という持論の元、実に鮮やかに軽やかにトラブルをやり過ごす。ピンチや苦難をトラブルとして捉える事なく生き抜くための知恵ともいえますね。
歴史とのかかわり合いに若干悪ふざけが過ぎる感もありますが、目くじら立てずに鑑賞しましょう。行き詰った気分が少しは晴れる…、そんな人生の頓服みたいな作品です。

ダイナマイト掲げた眼光鋭い御老人、このポスターがなんとも秀逸(笑)。
スポンサーサイト
  •   19, 2014 23:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment