L'extravagant voyage du jeune et prodigieux T.S. Spivet…天才スピヴェット…

MV5BMjI3OTIwNTMzOF5BMl5BanBnXkFtZTgwNzEzOTcxMDE@__V1_SY317_CR8,0,214,317_AL_
監督:ジャン=ピエール・ジュネ
キャスト:カイル・キャトレット、ヘレナ・ボナム=カーター、ジュディ・デイヴィス、 カラム・キース・レニー、ニーアム・ウィルソン、 ジェイコブ・デイヴィーズ、 ドミニク・ピノン



(allcinema映画データベースよりコピペ)
「アメリ」「ミックマック」のジャン=ピエール・ジュネ監督がライフ・ラーセンの異色冒険小説『T・S・スピヴェット君 傑作集』を原作に、自身初の3D映画に挑戦したアドベンチャー・ドラマ。スミソニアン学術協会から由緒あるベアード賞を授与されることになった10歳の天才少年T・S・スピヴェットが、授賞式に出席すべく家を飛び出したった一人でアメリカ横断の大冒険を繰り広げる中で、様々な経験を重ね、家族との絆を見つめ直していく姿を3Dによるイマジネーションあふれる映像で描き出していく。主演はTV「ザ・フォロイング」のカイル・キャトレット、共演にヘレナ・ボナム=カーター、ジュディ・デイヴィス。
 10歳の天才少年T・S・スピヴェットの家族はみな変わり者。モンタナの田舎で広大な牧場を営む父テカムセは身も心もカウボーイ。小さな生きものに恋する昆虫博士の母クレアに、本気でアイドルを目指す姉のグレーシー。そして二卵性双生児の弟レイトンは、頭脳派のスピヴェットとは対照的に、活発で運動や銃の扱いに長けた父親自慢の息子。ところが、その弟がスピヴェットと遊んでいるときに銃の事故で亡くなってしまう。以来、家族は悲嘆に暮れ、スピヴェットは自分を責める続けていた。そんな時、スミソニアン博物館からスピヴェットの発明が栄えあるベアード賞を受賞したとの知らせが届く。一度は授賞式への招待を辞退するスピヴェットだったが、家にも学校にも居場所のない彼は、博物館の次長ジブセンの熱心な誘いを受けることに。こうして家族に置き手紙だけを残し、たった一人で遥かスミソニアン博物館めざして旅立ったスピヴェットだったが…。



少年T.S.スピヴェット君の天才振りが超キュートな、アメリカ大陸横断ムービーです。壮大な映像の元、大陸鉄道独り旅の臨場感が味わえます。そして、個性的なスピヴェット一家のキャラ立ちが超クール、役者が揃ってますね。
特に、弟の事故で傷ついた心情を表せないまま、内向的になっていくT.S.を演じたカイル・キャトレット君が最高。天才少年の二面性を巧みに演じ分け、作品に生気を吹き込む、まさに天才です。
ストーリーは家族再生の物語ですが、個性を重んじ、他者に価値観の共有を強要しないという作品の姿勢が、超個人主義を表しています。家族は家族でも、それぞれ愛を持って自律しないとね、いけないのですよ。作品は英語だけれど、まさにフランスチック~♪な作品でした。
スポンサーサイト
  •   20, 2014 10:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment