賛否両論でランチ

昨年秋、池下のセントラルガーデンにオープンした『賛否両論』。予約の取りにくい人気店として有名となっていますが、幸運にもお友達にお誘い頂き、初めて行って参りました。


お洒落な案内ポスト。



思いがけず、カウンター席に。さい先良い出だしです。



お料理が運ばれるのを静かに待つ…。



先付けの盛り合わせ。



主菜は鰤付け焼き。ふっくら焼き上がり、おいしいです。



副菜の炊き合わせ。胡桃の甘辛煮がアクセント。



別オーダーで、デザートを二種。
洋梨の赤ワイン煮と焼き最中。

最中が、皮も餡も最高に美味しいです。




この日は、偶然にも、普段東京恵比寿のお店に居られるシェフの笠原氏に遭遇。カウンター席から余りに間近で、こちらが緊張しちゃいました。
月に三日間ほど名古屋に来られるとの事、直接お話を伺えたのは幸運でした。

笠原氏が居られると、厨房の空気も締まる感じです。奥の個室では、雑誌の取材か?お料理写真の撮影中。
お会計時に多くの方が次回予約をされる盛況ぶりでした。まだまだ人気衰えず…です。
スポンサーサイト
  •   14, 2014 01:26
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment