CASSE-TETE CHINOIS:CHINESE PAZZLE…ニューヨークの巴里夫(パリジャン)…

駆け込みUP、第三彈!!!


MV5BMjA4NDg5NDAzOV5BMl5BanBnXkFtZTgwNDUwNjY1MTE@__V1_SY317_CR3,0,214,317_AL_
監督:セドリック・クラピッシュ
キャスト: ロマン・デュリス、オドレイ・トトゥ、セシル・ドゥ・フランス、 ケリー・ライリー、サンドリーヌ・ホルト、マルゴー・マンサール、パブロ・ミュニエ=ジャコブ、フロール・ボナヴェントゥーラ、ブノワ・ジャコー、 リー・ジュン・リー



(allcinema映画データベースよりコピペ)
セドリック・クラピッシュ監督による「スパニッシュ・アパートメント」「ロシアン・ドールズ」に続くシリーズ第3弾。今度はニューヨークを舞台に、40歳となった主人公グザヴィエの恋と友情をめぐる優柔不断で悩み多き混乱の日々を綴る。出演は引き続きロマン・デュリス、オドレイ・トトゥ、セシル・ドゥ・フランス、ケリー・ライリー。
 かつては何人もの女性の間でフラフラしていたグザヴィエも40歳となり、今では妻ウェンディと2人の子どもとパリで平穏な日々を送っていた。そんなある日、子どもが欲しいという親友のレズビアン、イザベルに頼まれ、精子提供したことがウェンディにバレてしまい、一悶着。さらにニューヨーク出張から戻ったウェンディが、向こうに恋人ができたからと突然の別居宣言。2人の子どもを連れてニューヨークへと旅立ってしまう。すっかり途方に暮れるグザヴィエだったが、やがて居ても立っても居られず自分もニューヨークへ。何とかして子どもたちの側に居続けたいと、グリーンカード取得に奔走するグザヴィエだったが…。



『スパニッシュ・アパートメント』シリーズの三作目。前二作を観ていないとイマイチ乗れないストーリーですが、相変わらずグダグダ生活を送る主人公が、珍しく能動的にNYへ動きます。しかし居場所を移しても、相変わらず彼を取り巻く人間模様は怪しげで、でもそこがこのシリーズの面白いところでしょうか。
ステディな生活が人生の目指すべき正解なのか…、こんな疑問を感じずにはいられない甘辛ストーリーを楽しむ作品です。40歳って微妙な年齢設定で、初作で若かった面々が次々と登場するのも嬉しい。
とにかく、より良い生活を求めて新しい一歩を踏み出そう、人生は何でも有りだ!



というわけで、2014年は108本を映画館で観ました。目標の120本には届きませんでしたが、ま、いろいろあった一年にしては頑張ったかな。来年こそは、ひと月10本を目指します。





スポンサーサイト
  •   31, 2014 08:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment