BOYHOOD…6才のボクが、大人になるまで。…

新年最初の更新です。。。



MV5BMTYzNDc2MDc0N15BMl5BanBnXkFtZTgwOTcwMDQ5MTE@__V1_SY317_CR0,0,214,317_AL_
監督:リチャード・リンクレイター
キャスト:パトリシア・アークエット、エラー・コルトレーン、 ローレライ・リンクレイター、イーサン・ホーク、マルコ・ペレラ、 スティーヴン・チェスター・プリンス



(allcinema映画データベース)
「スクール・オブ・ロック」「ビフォア・ミッドナイト」のリチャード・リンクレイター監督が、オーディションで選ばれた6歳の少年エラー・コルトレーンを主演に据え、彼の12年間の成長と家族の変遷の物語を、劇映画でありながら実際に12年間をかけて撮影するという画期的かつ大胆な手法で描き出し、登場人物に刻まれるリアルかつ自然な時の流れまでをも鮮やかにフィルムに焼き付けた感動の家族ドラマ。共演は両親役にパトリシア・アークエットとイーサン・ホーク、姉役で監督の実の娘ローレライ・リンクレイター。
 テキサスの田舎町に住む6歳の少年メイソンは、母のオリヴィアと姉サマンサとの3人暮らし。父親のメイソン・シニアは離婚してアラスカに放浪の旅に出てしまった。シングルマザーとなったオリヴィアは、キャリアアップを目指して大学への入学を決意し、メイソンとサマンサを連れてヒューストンに移り住む。そこで多感な思春期を送り始めたメイソンは、やがて母の再婚や風来坊の父との交流、そして初恋と、様々な経験を重ねていくが…。





話題の本作、実はひと月ほど前から公開されているのですが、スケジュールが合わず鑑賞が延び延びに。はい、ようやく新年元旦に観て参りました。場所は、東京新宿シネマカリテ。映画サービスデーという事で事前予約が大正解、100席ほどの小さなハコは、満席でございました。

12年間に渡る少年の成長過程を、12年かけてキャストを替えずに撮り上げるという画期的な手法をとった本作。主役のエラー・コルトレーン君の変容振りが素晴らしい。決してハンサムボーイではないのですが、奥深い思慮を感じさせるそのまなざしが魅力的です。
日常の積み重ねが人生を形作るという言葉どおり、特別なナレーションも無く淡々とフィルムが回り次々と家族のイベントが披露されていく事で、観る者は時の移ろいを感じ取ります。成長著しい子どもたちに目がいきがちですが、実は母親の歴史こそが物語の肝で、そこには子育てをしながらも自己実現に向けてもがく生身の女性の姿があります。そこそこ年齢を重ねた女性なら、独特の感慨を持つに違いない、そんな大人のための作品でした。



スポンサーサイト
  •   01, 2015 23:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment