SIN CITY:A DAME TO KILL FOR…シン・シティ 復讐の女神…

MV5BMjA5ODYwNjgxMF5BMl5BanBnXkFtZTgwMTcwNzAyMjE@__V1_SY317_CR0,0,214,317_AL_
監督: ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー
キャスト:ミッキー・ローク、ジェシカ・アルバ、 ジョシュ・ブローリン、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、 ロザリオ・ドーソン、ブルース・ウィリス、エヴァ・グリーン、 パワーズ・ブース、 レイ・リオッタ、クリストファー・ロイド、ジェイミー・チャン、 レディー・ガガ


(allcinema映画データベースよりコピペ)
鬼才漫画家フランク・ミラーがロバート・ロドリゲス監督とのコラボで描く異色のスタイリッシュ・クライム・アクション「シン・シティ」の続編。原作の人気エピソード2本に、新たに書き下ろされた2話を加えた4つのエピソードをもとに、法も正義もない罪の街“シン・シティ”で繰り広げられる壮絶な復讐劇が過激かつスタイリッシュに描かれてゆく。出演はミッキー・ローク、ジェシカ・アルバ、ブルース・ウィリスらの続投組に加え、新参加となるジョシュ・ブローリン、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、エヴァ・グリーンらが豪華に共演。
 場末のストリップバー“ケイディ”で踊るダンサーのナンシー。愛する者を奪われた悲しみを胸に、復讐の炎を燃やしていた。ケイディの常連客で、心優しき野獣マーヴは、そんな彼女をそっと見守り続けていた。一方、しがない私立探偵のドワイトは、自分を裏切った元恋人エヴァの魅力に抗えず、罠と気づきながらも彼女の計画に加担してしまう。そんな中、街を我が物顔で牛耳るナンシーの仇、ロアーク上院議員は、大胆不敵な流れ者のギャンブラー、ジョニーとの大勝負に興じていたが…。




こちらもシリーズ物にして、最終作?過激なバイオレンス描写と、スタイリッシュなモノクロ映像、斬新な構図が魅力の“シン・シティ”です。
このクライム・アクションムービーの衝撃はかなり鮮烈で、一瞬にして虜となって早10年。待望の第二作目がようやく帰ってまいりました。旧エピソードに二つの新エピソードを加えたオムニバス形式は旧作と同じ。ストーリー運びが若干泥臭くなった感は否めませんが、それでもエヴァとドワイトのエピソードが秀逸で、エヴァを演じた(笑)エヴァ・グリーンのサイコパスな悪女振りがダントツに逝ってます。ほんと、この作品にはキョーレツな狂気がよく似合う。

ポスターのキャッチコピーが語るThere is no justice without sin. の言葉通り、シン・シティは観る者を選ぶ非常識なバイオレンス作品ですが、この世界観を、再び堂々としかも美しく築いたロバート・ロドリゲスとフランク・ミラー両監督のセンスに感服。但し、レイティングはR15+、モノクロとはいえ十二分にグロいのでご注意を。



スポンサーサイト
  •   15, 2015 10:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment