SAMBA…サンバ…


監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ
キャスト: オマール・シー、シャルロット・ゲンズブール、タハール・ラヒム、イジア・イジュラン


(allcinema映画データベースよりコピペ)
「最強のふたり」のオリヴィエ・ナカシュ&エリック・トレダノ監督が、同作のオマール・シーを再び主演に迎えて贈るコメディ・ドラマ。フランスで真面目に働きながらも国外退去の窮地に陥ってしまった移民青年サンバを主人公に、彼と彼を支援しようと集まった人々が織り成す心温まる人間模様を綴る。共演はシャルロット・ゲンズブール、タハール・ラヒム、イジア・イジュラン。
 セネガルからフランスに出稼ぎに来て10年になる陽気で真面目な青年サンバ。ビザの更新をうっかり忘れてしまったばかりに、いきなり国外退去を命じられてしまう。窮地に陥ったサンバを救おうと、移民支援協会のアリスが尽力する。ところが、彼女は燃え尽き症候群に陥り大企業を休職中の身で、心に大きな傷を抱えていた。そんな中、正規の仕事に就けず、危険な日雇い仕事で食いつないでいくサンバは、同じ移民仲間のブラジル人ウィルソンと友情を育んでいく。やがて、どんな苦境にあっても笑顔を忘れないサンバの明るさが、情緒不安定だったアリスの心も少しずつ癒していくが…。




身障者とヘルパーとの率直な心の交流をテーマとした『最強のふたり』は、主役のオマール・シーのおおらかなキャラクターが光る良作でした。しかし、今作ではそんな彼のキャラも不発で、なんともほろ苦い人間ドラマが語られています。

ちょっとした不注意から不法滞在者となってしまったセネガル人青年と、心のバランスを失ったキャリアウーマンの恋愛を縦軸に、人種融合政策をとり続けてきたものの移民問題に揺れるフランス社会の苦悩を絡ませたストーリーは、けっしてコメディとして笑えるものではありません。どの人物も生きるために知恵を絞り危機を乗り越えてゆく。たとえそれが、合法とは言い切れなくとも、とにかく生き抜くことが大切…。そして、なんとも現実的なオチが待っています。

今作はユーモアが過酷な現実を乗り越える事はありませんが、その替わりに矛盾に満ちたフランス社会を肌で感じる事が出来ます。それはそれで中々興味深いかな。。。

スポンサーサイト
  •   23, 2015 19:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment