HET NIEUWE RIJKSMUSEUM…みんなのアムステルダム国立美術館へ…

MV5BMTY4NzQ2Mjg3NF5BMl5BanBnXkFtZTgwNjQxNTI4MjE@__V1_SY317_CR4,0,214,317_AL_
監督:ウケ・ホーヘンダイク




(allcinema 映画データベースよりコピペ)
レンブラントの『夜警』やフェルメールの『牛乳を注ぐ女』など数々の傑作を所蔵するオランダを代表する美術館、アムステルダム国立美術館。2004年、2008年の再オープンを目指して創立以来となる全面改修が始まる。しかし、それは市民を巻き込んだ大騒動へと発展、計画の度重なる変更で工事は幾度も中断を余儀なくされ、もはや再オープンのメドすら立たなくなる。2008年、そんな改修工事の紆余曲折を追った「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」を手がけたウケ・ホーヘンダイク監督が、10年もの閉館を経て、ついに迎えた再オープンまでをも見届けた改修工事顛末記シリーズ第2弾にして完結編となるアート・ドキュメンタリー。






はい、この日は又々渋谷の“ユーロスペース”。文化村のすぐ近く。

上映時間ぎりぎりに到着しましたが、客席は7分の入り。サービスの無いレギュラーデーにしては多めかな。


さて、又々、美術館ネタのドキュメンタリー作品です。
改修工事プランが市民サイクリストの反対に会い工事中断、再オープンの見通しが立たないなんて…、そんな事あるの???とビックリしたのが前作『アムステルダム国立美術館へようこそ』。その後の5年間、何がなされたかといえば、市民サイクリストたちのみならず、改修に関わったスタッフの多くが異なる意見を唱え、揃って妥協点を見出す意思は全く無し。そんな彼らの愚痴や呟きを、誤解を恐れず拾い集めた監督のセンスが、これまでにない異色のドキュメンタリーを生み出しました。
これが日本だったら、恐らく“NHKプロジェクトX”の乗りで、困難を全員の力で乗り越えました…という成功秘話となるところですが、本作ではそのドタバタエピソードを逆手にとって、エゴのぶつかり合いを一種コメディとして描いている事が強烈なアイロニーとなっています。しかし、その事がいかにも人間臭く興味深い。こちらは寝落ちすることなく楽しめました。

ポスターの後姿は、工事半ばで就任した新館長。当初若々しかった彼が次第に深いしわを刻み歳重ねる姿に、この改修の困難さを読み取る事ができます。
スポンサーサイト
  •   30, 2015 09:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment