FOX CATCHER•••フォックス・キャッチャー•••


監督:ベネット・ミラー
キャスト:スティーヴ・カレル、チャニング・テイタム、マーク・ラファロ、シエナ・ミラー、ヴァネッサ・レッドグレーヴ



(allcinema映画データベースよりコピペ)
「カポーティ」「マネーボール」のベネット・ミラー監督が、実在の殺人事件を題材に、レスリング五輪金メダリストとそのパトロンとなった大富豪が悲劇の結末を迎えるまでの心の軌跡を描き出した戦慄の実録人間ドラマ。主演は、その鬼気迫るシリアス演技で新境地を見せ、高い評価を受けた「40歳の童貞男」「リトル・ミス・サンシャイン」のスティーヴ・カレル。共演にチャニング・テイタム、マーク・ラファロ。
 1984年のロサンジェルス・オリンピックで金メダルを獲得したレスリング選手、マーク・シュル。しかし、マイナー競技ゆえに生活は相も変わらず苦しいまま。同じ金メダリストでマークが頼りにする兄のデイヴも、妻子ができて以前のように付きっきりというわけにはいかない。いまや、次のソウル・オリンピックを目指すどころか、競技を続けるのもままならなかった。そんな時、アメリカを代表する大財閥デュポン家の御曹司ジョン・デュポンから、彼が結成したレスリング・チーム“フォックスキャッチャー”への参加をオファーされる。この願ってもない申し出を快諾するマーク。最先端トレーニング施設を有するデュポンの大邸宅に移り住み、ようやくトレーニングに集中できる理想的な環境を手に入れたかに思われたマークだったが…。




主役のスティーブ・カレルが、それまでのイメージを覆す迫真の演技で、オスカーにノミネートされた作品『フォックスキャッチャー』です。
スティーブ・カレルと言えば、軽めのコメディ作品において、敢えて笑いのピントを外す巧みな演技で人気のアメリカ人俳優ですが、本作では見事に大化け。風貌はもちろん、大富豪でありながら殺人を犯した謎のキャラクターを寡黙な演技で表現し、圧倒的な存在感を示しています、特に被害者の弟マークとの間で繰り広げられる心理戦が凄い!肌をこすり合わせるような神経のせめぎ合いは、観ている者の心に痛みさえ感じさせる。この辺り、マーク役のチャニング・テイタムも負けていません。

しかし一方で、主人公が殺人へのベクトルを積み重ねていく経緯は詳しく語られず、殺人という悲劇的結末は唐突に訪れるように感じられますが、このことがかえって得体の知れない圧迫感と恐怖を生み出し、作品にリアリティを与える結果となっています。バイアスのかからないミラー監督の冷徹な演出が、この事件の混迷ぶりを炙り出したとも言えます。お見事。

不安と恐怖をまっすぐに見据えた本作、人間の心の闇に迫る見応えのある作品でした。。。
スポンサーサイト
  •   28, 2015 09:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment