The imitation game…イミテーションゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

いやあ、ひっさしぶりの映画ネタです。とにかく映画館へ出向く余裕がなく、見たい映画が山積み状態です。つらい…。



監督:モルテン・ティルドゥム
キャスト:ベネディクト・カンバーバッチ、キーラ・ナイトレイ、マシュー・グード、ロリー・キニア、アレン・リーチ、マシュー・ビアード、チャールズ・ダンス、マーク・ストロング



(allcinema映画データベースよりコピペ)
第二次大戦時にドイツ軍が誇る史上最高の暗号機“エニグマ”の解読に挑み、連合軍の勝利とコンピュータの発明に貢献した実在の天才数学者アラン・チューリングの時代に翻弄された過酷な人生を映画化した感動の伝記ドラマ。天才でありながら社会性に乏しく、周囲から孤立してしまうチューリングが、彼の理解者となる女性と出会い心を通わせていく様を、エニグマ解読作業チームの奮闘を軸に、スリリングかつ感動的に描き出す。主演はTV「SHERLOCK(シャーロック)」、「スター・トレック イントゥ・ダークネス」のベネディクト・カンバーバッチ、共演に「プライドと偏見」のキーラ・ナイトレイ。監督は「ヘッドハンター」で世界的に注目されたノルウェーの俊英、モルテン・ティルドゥム。
 1939年。ドイツ軍と戦う連合軍にとって、敵の暗号機“エニグマ”の解読は勝利のために欠かせない最重要課題だった。しかしエニグマは、天文学的な組み合わせパターンを有しており、解読は事実上不可能といわれる史上最強の暗号機だった。そんな中、イギリスではMI6のもとにチェスのチャンピオンをはじめ様々な分野の精鋭が集められ、解読チームが組織される。その中に天才数学者アラン・チューリングの姿もあった。しかし彼は、共同作業に加わろうとせず、勝手に奇妙なマシンを作り始めてしまう。次第に孤立を深めていくチューリングだったが、クロスワードパズルの天才ジョーンがチームに加わると、彼女がチューリングの良き理解者となり、周囲との溝を埋めていく。やがて解読チームはまとまりを見せ始め、エニグマ解読まであと一歩のところまで迫っていくチューリングだったが…。





ナチスドイツの暗号機エニグマにまつわる映画といえば、ダグレイ・スコット、ケイト・ウィンスレット、マシュー・アクファーディンと当時の若手イギリス俳優がキャスティングされたその名も正に『エニグマ(2001)』というイギリス作品が思い出されます。その内容は主人公数学者のロマンスと連合同盟国ロシアの機密を盛り込んだ軽めのサスペンスとなっていましたが、今作はうって変わり、アラン・チューリングの天才であるが故の苦悩に満ちた半生を描くことによって、その人物像に深く踏み込んだ作品となっています。
主役のカンパーパッチ君は、アスペルガー症候群を思わせるような熱演で全編ほぼ出ずっぱり。そして彼の良き理解者を演じたキーラ・ナイトレイもその輝くような美貌と演技で作品に華を添える好演を見せ、両者のオスカーノミネーションも十分に納得です。
作品内容は、エニグマ解読の先に待つ英軍の極めて冷徹な情報操作にまで触れ、チューリングの偉業を正当に評価し得なかった経緯を反省を持って伝えています。こういう忌憚のない表現にはイギリス社会の懐の深さを感じますね。
ま、私がカンパーパッチ・ファンってこともありますが、時代と自らの才能と、そして国家が孕む理不尽な大観に振り回される主人公に激しく同調し、深く感銘を受けました。うん、理屈好きの人なら、間違いなく気に入る…そんな作品です。
スポンサーサイト
  •   27, 2015 20:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment