The two faces of January…ギリシャに消えた嘘…


監督:ホセイン・アミニ
キャスト:ヴィゴ・モーテンセン、キルステン・ダンスト、オスカー・アイザック、デイジー・ビーヴァン



(allcinema映画データベースよりコピペ)
 「太陽がいっぱい」「見知らぬ乗客」の原作者パトリシア・ハイスミスの『殺意の迷宮』をヴィゴ・モーテンセン、キルステン・ダンスト、オスカー・アイザックの共演で映画化した心理サスペンス。ギリシャの美しい風景をバックに、詐欺師夫婦と、そうとは知らずに彼らに手を貸してしまった青年が繰り広げる危うい逃避行の行方を、愛憎まみえる三者の心理的相克を織り交ぜ描き出す。監督は「日蔭のふたり」「ドライヴ」などの脚本を手がけ、本作が長編初監督となるホセイン・アミニ。
 1962年、ギリシャのアテネ。ツアーガイドをしているアメリカ人青年ライダルは、エレガントなアメリカ人紳士チェスターと年の離れた美貌の妻コレットと知り合う。彼らのガイドを務め、夕食も共にしてすっかり打ち解けるライダル。ところがその夜、夫婦の宿泊するホテルに一人の探偵が現われ、チェスターはもみ合いの末に探偵を殺害してしまう。実はチェスターは、投資家を騙して大金を奪った詐欺師だったのだ。彼は忘れ物を届けようと偶然ホテルに舞い戻ったライダルに嘘をつき、逃亡の手助けを要請する。そこでライダルは偽造パスポートの手配をし、3人で受け取り場所のクレタ島へと向かうのだったが…。



冒頭のパルテノン神殿。チェスターとコレットの登場シーンが何とも古典的で美しい。ハリウッド黄金期の華麗な舞台設定を再現し、サスペンスの匂いを感じさせる演出も奥ゆかしいけれど、残念ながら青年ガイド・ライダルの行動の動機付けが曖昧で、中盤見事に失速。3人揃っての逃避行にイマイチ同調できず、個人的にはかなりダレました。終盤、男同士の心理的駆け引きが緊迫感を呼び戻しただけに、誠に残念。
久しぶりに見たヴィゴ・モーテンセンは、ちょっと情けない小悪人を演じていて期待はずれだったし、キルスティン・ダンストもエレガントさに欠け、心理的相克に一枚噛むには力量不足。しかし、ま、これを敢えて、薄っぺらな成り上がりアメリカ人夫妻と見れば、それはそれで有りかも…、というオチでした。




スポンサーサイト
  •   03, 2015 22:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment