BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)…バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)


監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ
キャスト: マイケル・キートン、ザック・ガリフィナーキス、エドワード・ノートン、アンドレア・ライズブロー、エイミー・ライアン、エマ・ストーン、ナオミ・ワッツ、リンゼイ・ダンカン




(allcinema映画データベースよりコピペ)
「バベル」「BIUTIFUL ビューティフル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、バットマン役で一世を風靡したマイケル・キートンを主演に迎え、公私ともにどん底状態の中年俳優が繰り広げる切なくも滑稽な悪戦苦闘の日々を、全編1カットという驚異の撮影スタイルで描き出すシニカル・コメディ。共演はエドワード・ノートン、エマ・ストーン、ナオミ・ワッツ。アカデミー賞では、みごと作品賞をはじめ最多4部門を受賞。
 かつて主演した大人気スーパーヒーロー映画「バードマン」のイメージが払拭できずに、その後は鳴かず飛ばずの俳優人生を送るリーガン。私生活でも離婚に娘サムの薬物中毒と、すっかりどん底に。そこで再起を期してレイモンド・カーヴァーの『愛について語るときに我々の語ること』を原作とする舞台を自ら脚色・演出・主演で製作し、ブロードウェイに打って出ることに。ところが、大ケガをした共演者の代役に起用した実力派俳優マイクの横暴に振り回され、アシスタントに付けた娘サムとの溝も深まるばかり。本番を目前にいよいよ追い詰められていくリーガンだったが…。





『21グラム』『バベル』『ビューティフル』等など数々の秀作を生み出し続けるイニャリトゥ監督。生きる事の根源に、深く静かにそして鋭く切り込むシリアスな作風が高い評価を得ていますが、今回は誰もがアッと驚く手法を重ねて、驚異のシニカルコメディを撮りました。オスカーで作品賞を含む最多4部門を獲得した作品をようやく劇場鑑賞。

既に多方面で語られているように、全編オールワンカット、そしてBGMはドラムソロ。この二つの特異な手法に、ブロードウェイ舞台の楽屋裏というシチュエーションが重なり、抜け道のない迷路に迷い込んだかのような閉塞感が増幅されます。それはまさに、再起をかけた主人公のデスパレートな精神状態を暗示し、観る者の緊張感を解き放つことを許しません。

『注目されたい』『認められたい』と自己発信することが容易になった現代社会で、不器用にしか生きられない主人公の欲求が心に響くのは、自己実現の難しさと社会的評価の脆弱さを皮肉る絶妙なバランス感覚が作品に散りばめられているからだと思います。リアル生活を連想させるキャスティングのセンスも抜群。好き嫌いの分かれる作品ですが、正に一見の価値有り。


ふざけたオタクキャラでお馴染みザック・ガリフィナーキスが、意外にもまともな役柄で出ています。そして、期せずしてエマ・ストーンの好演技も。こういうのを見るたびに、役者って凄いなって思う。



スポンサーサイト
  •   05, 2015 10:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment