Chappie…チャッピー…

監督:ニール・ブロムカンプ
キャスト:シャールト・コプリー、デヴ・パテル、ヒュー・ジャックマン、ニンジャ、ヨ=ランディ・ヴィッサー、ホセ・パブロ・カンティージョ、シガーニー・ウィーヴァー



(allcinema映画データベースよりコピペ) 
「第9地区」「エリジウム」のニール・ブロムカンプ監督が、警察の戦闘用に開発されたAI(人工知能)搭載の学習型ロボット“チャッピー”を主人公に描く近未来ハード・バイオレンスSFアクション。ひょんなことからギャングに育てられることになったチャッピーの“成長”の行方と、様々な人間の欲望と思惑に翻弄される彼を待ち受ける衝撃の運命をスリリングに描く。「第9地区」のシャールト・コプリーがチャッピーのパフォーマンス・キャプチャーと声を担当。共演にデヴ・パテル、ヒュー・ジャックマン、シガーニー・ウィーヴァー。
 2016年。南アフリカの犯罪多発都市、ヨハネスブルグ。ディオンは警察用ロボットを開発する軍事企業テトラバール社に勤める才能溢れるエンジニア。彼は世界初となるAI搭載の戦闘用ロボットの製造を会社に提案するが、却下されてしまう。そこで、会社には内緒で独自にAIロボットを製作するが、あろうことかギャングに誘拐されてしまう。ギャングたちは、“チャッピー”と名付けたそのロボットに強盗を手伝わせようと目論んでいた。そんなギャングたちが与える知識を、スポンジが水を吸うように吸収し、急速に成長し始めるチャッピー。そんな中、ディオンの同僚で彼に激しい敵意を抱くヴィンセントがチャッピーの存在に気づき、ある奸計をめぐらすが…。




一見、AIロボット開発を巡るSFサスペンス、と言い切ることができそうな作品ですが、もう少し踏み込めば、死後の意識を如何に認識するか、という深いお話とも言えそうです。

ごくごく近しい家族を失った時、人はその亡骸に何を感じるのか。実はこれ、宗教心に深く関わること。社会的名目上は仏教徒に分類されるこの私、誤解を恐れず申せば心情的には無宗教に近い立場にあるようで、実のところ、意識が離脱した(と感じる…)亡骸に、殆ど執着を感じなかった。重い話になるのでこれ以上の言及を避けますが、この作品、ちょっとネタバレすれば、意識をコンピュータ解析しデータ保存→新しいBODYにダウンロードするという、禁断の世界を描いているのです。
完全にSFサスペンスアクションの体で、上述の核心部分をサラッと流してますが、容れ物としてのBODYさえ確保すれば、意識は永遠に生き永らえるという禁じ手をケロっと肯定するところに脚本のしたたかさを感じます。その意味で、キョーレツに面白い。馬鹿馬鹿しいと思うか共感できるかは、その人の感性次第です。


スポンサーサイト
  •   03, 2015 20:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment