LILTING…追憶と、踊りながら…

監督:ホン・カウ
キャスト:ベン・ウィショー、チェン・ペイペイ、アンドリュー・レオン、モーヴェン・クリスティ、ナオミ・クリスティ、ピーター・ボウルズ




(allcimnema映画データベースよりコピぺ)
カンボジア生まれで英国在住の注目の新鋭ホン・カウ監督による長編デビュー作。「パフューム ある人殺しの物語」「007 スカイフォール」のベン・ウィショーと武侠映画の伝説的女優チェン・ペイペイを主演に迎え、ロンドンでともに大切な人を失った初老の中国人女性と英国人青年の心の交流を切なくも繊細に綴ったドラマ。
 夫に先立たれ、ロンドンの介護ホームに一人で暮らすカンボジア系中国人のジュン。英語もできず孤独と不安を抱える彼女にとって、息子のカイとの面会が唯一の楽しみ。一方のカイは、自分がゲイで恋人のリチャードを深く愛していることを母に告白できずに悩んでいた。そんなある日、カイは交通事故で突然この世を去ってしまう。自らも深い悲しみに暮れるリチャードは、ジュンのことを気にかけ、カイの“友人”を装ったまま、彼女の面倒を見ようとするのだが…。




言葉の壁と文化の壁と、そしてゲイ認知の壁にたじろぐ二人の主人公。母への愛とパートナーへの愛に惑いつつ命を落としたアジア人青年カイを介して、母親ジュンと恋人リチャードは如何に対峙するのか…。カンボジア生まれの新鋭ホン・カウ監督は、共依存に陥りがちな母子関係をドライな眼で見つめつつも、細やかな配慮に基づいたタッチで二人の間に流れるたおやかな時間を描いていきます。
愛と哀しみと慈しみの心に揺れ動く青年を言葉少なに描く、イギリスの至宝ベン・ウィショーの奥深い演技が素晴らしい。愛する人の残された肉親に対する慈しみが、その恋愛の深さを物語り、私にとって些か重すぎるテーマではありますが、それでも何よりべン・ウィショーの豊かな表情に救われる。実は、彼自身リアルにゲイなので、真実に迫る等身大の演技とも言えるかもしれません。

言葉の壁に阻まれコミニュケーションが阻害されることは周知の事実ですが、実は、言葉の壁が想像力を掻き立て、より豊かな相互理解を生むことも否定できない…、そんな思いもよぎる作品でした。
スポンサーサイト
  •   06, 2015 23:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment