Pitch Perfect…ピッチパーフェクト…

監督:ジェイソン・ムーア
キャスト:アナ・ケンドリック、スカイラー・アスティン、レベル・ウィルソン、アダム・ディヴァイン、アンナ・キャンプ、ブリタニー・スノウ、アレクシス・ナップ、エスター・ディーン、ハナ・メイ・リー、ジョン・マイケル・ヒギンズ、エリザベス・バンクス



(allcinema映画データベースよりコピぺ)
2012年に全米で口コミから人気に火がつき予想を超えるスマッシュ・ヒットとなったアナ・ケンドリック主演の学園音楽コメディ。渋々入った大学で女子アカペラ部にスカウトされたヒロインが、ひとクセもふたクセあるメンバーたちと衝突を繰り返しながらも絆を結び成長していく姿を、過激なギャグを織り交ぜつつ迫力あるアカペラ・パフォーマンスの数々とともに描き出す。共演はレベル・ウィルソン、ブリタニー・スノウ、ジョン・マイケル・ヒギンズ、エリザベス・バンクス。監督はブロードウェイ・ミュージカルの演出家として活躍し、本作が映画監督デビューとなるジェイソン・ムーア。
 音楽プロデューサーを目指すベッカは、バーデン大教授の父親に説得され、意に反して同大学に入学する。学園生活に何の期待もないベッカは、サークルの勧誘にもまるで興味なし。ところが、シャワー中の鼻歌を聞かれたクロエに強引にスカウトされ、彼女のいるアカペラ部“ベラーズ”に入部することに。ベッカはそこで、自ら“ファット”と名乗るエイミーやエロさ全開のステイシー、レズビアンのシンシアら個性あふれる新入部員と巡り会う。そして部長オーブリーの厳しい指導の下、全国大会出場を目指して練習に励むベッカたちだったが…。



一般的に、無伴奏の合唱パフォーマンスを総称して”アカペラ”と呼びますが、ちょっと古いところで、日本のゴスペラーズ、新しいところでペンタトニクスが有名。ちなみにあのバックスもアカペラグループなんですねえ。
で、このアカペラの難しい所が、無伴奏であるがゆえに各パフォーマーの音感に頼ることとなるピッチの調節。演奏前に音叉などでピッチ合わせはするものの、それは最初の一度きりで、歌い出したらそのまま終わりまで行くしかない。私みたいな音痴にとっては、なんとも恐ろしいパフォーマンスだわ。
『ラスト5イヤーズ』のアナ・ケンドリックがまたまた大活躍の本作『ピッチパーフェクト』は、アカペラ全国コンペを目指す大学生の姿を描く学園ドラマですが、なにより彼らが披露するそのアカペラのレベルの高さに驚愕!美しい音の重層もさることながら、ダンスやフォーメーションの充実ぶりが見事です。爽やかな恋愛を絡めたストーリーはありふれているものの、キャストたちの演奏技術が遺憾なく発揮され退屈することはありません。正にアメリカのポップミュージック界の裾野の広さを物語っていますね。今作がスマッシュヒットとなった本国アメリカでは、次回作が今年公開となっている模様です。

それにしても、日本ではアカペラパフォーマンスののコンペってあるのかしらん???





スポンサーサイト
  •   17, 2015 16:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment