the salvation…悪党に粛清を…

監督:クリスチャン・レヴリング
キャスト:マッツ・ミケルセン、エヴァ・グリーン、ジェフリー・ディーン・モーガン、エリック・カントナ、ミカエル・パーシュブラント、ダグラス・ヘンシュオール、マイケル・レイモンド=ジェームズ、ナナ・オーランド・ファブリシャス、ジョナサン・プライス



(allcinema映画データベースよりコピぺ)
「キング・イズ・アライヴ」のデンマーク人監督クリスチャン・レヴリングが、同国を代表する名優マッツ・ミケルセンを主演に迎えて贈るデンマーク発の本格西部劇。1870年代のアメリカを舞台に、妻子を殺された主人公の壮絶な復讐劇が描かれていく。共演にエヴァ・グリーン、ジェフリー・ディーン・モーガン。
 1870年代アメリカ。デンマークから新天地を求めてアメリカへとやって来た元兵士のジョン。7年が経ち、事業もようやく軌道に乗ってきたところで、祖国から妻子を呼び寄せる。駅で感動の再会を果たした3人は、さっそく駅馬車で家へと向かう。ところが運悪く、その馬車には刑務所帰りのならず者2人が乗り合わせていた。ジョンは2人に突き落とされ、妻子を殺されてしまう。ジョンは必死に馬車の後を追い、2人を射殺し復讐を遂げる。しかし殺された犯人の兄が、辺り一帯を牛耳る大悪党、デラルー大佐だったことから、ジョンの行く手にはさらなる試練が待ち受けていた。




決してイケメンじゃないけれど、何かと気になるマッツ・ミケルセン。春先家具探しをしている際に、某デンマーク家具メーカーのイメージキャラクターになっているのを見つけ、彼が母国で圧倒的な支持を得ている事をあらためて実感したばかりだっけ。その彼を主役に担ぐデンマーク製西部劇『悪党に粛清を』は、オリジナルタイトルの意・”救済”の文字通り、腕利ヒーローが危機に瀕する街を救うという王道スタイルを保ちながらも、独特の哀愁をまとった異色のウェスタンムービーなっています。

そもそも、マッツ・ミケルセンには悲劇が似合う。その彼が寡黙な主人公を無表情に演じる事で、彼の抱える過酷な運命の悲哀を増幅させ、観ている我々の想像力をかきたてる。多勢に無勢の復讐劇シーンにも無駄がなく、埃と泥にまみれた主人公の通り過ぎる跡には爽快な風が吹くがごとく。リアリティーを失う事なく品位を保つその作風は、ヨーロッパ発が故にといったところでしょうか。

マッツ・ミケルセンの出演作では、新ボンドシリーズの『カジノロワイヤル』が有名ですが、個人的にはデンマーク独立運動を扱った『誰がため』が超オススメです。
スポンサーサイト
  •   01, 2015 20:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment