ターミネーター:新起動/ジェニシス



監督:アラン・テイラー
キャスト:アーノルド・シュワルツェネッガー、ジェイソン・クラーク、エミリア・クラーク、ジェイ・コートニー、イ・ビョンホン、J・K・シモンズ



(allcinema映画データベースよりコピペ) 
SFアクションの金字塔「ターミネーター」シリーズの第5弾。シリーズの顔ともいうべきアーノルド・シュワルツェネッガーが「ターミネーター3」以来12年ぶりに復帰し、シリーズの「1」と「2」の世界観をベースに、人類の未来をめぐる時空を超えた新たな戦いが描かれていく。共演はエミリア・クラーク、ジェイソン・クラーク、ジェイ・コートニー、イ・ビョンホン、J・K・シモンズ。監督はTV「ゲーム・オブ・スローンズ」のアラン・テイラー。
 2029年、機械軍との壮絶な戦いを繰り広げていた人類は、抵抗軍のリーダー、ジョン・コナーの活躍により劣勢を挽回、ついに勝利を手にしようとしていた。追い詰められた機械軍は、ジョンが存在した事実そのものを消し去るため、殺人サイボーグ、ターミネーターを1984年に送り込み、ジョンの母サラ・コナーの抹殺を図る。これを阻止するため、抵抗軍側はジョン・コナーの右腕カイル・リースが自ら志願して過去へ向う。ところが1984年に辿り着いたカイルは、いきなり新型ターミネーターT-1000に襲われる。その窮地を救ったのは、タフな女戦士サラ・コナーと敵のはずのターミネーターT-800だった。実はこの世界は、既にカイルの知る過去とは別のタイムラインを進んでいたのだった。



タイムトラベル物語に付き物の時空パラドックスを、シリーズ5作目はいったいどう整合させるのか…、という杞憂をあっさりと飛び越え、ちょいと年季の入ったT−800ターミネーターを歳とったシュワちゃんに演じさせるという裏技でもって、強引に押し切った本作。1・2作目へのオマージュをたっぷり湛えた、アクションエンターテイメント作品に仕上がっています。
作品の中身はといえば、”別のタイムライン”という道筋は正に禁じ手で、それ使ったら何でもアリでしょっ、と突っ込みたくなるわけですが、実際のところ、そこだけじゃなく作品の核心に触れるあちらこちらで、???のストーリー展開が観られます。でもやっぱり、この作品はそういう矛盾を指摘して悦に入るべきではなく、シュワルツネッガー氏の復帰を讃え、ターミネーターの相変わらずの不気味さを反芻する事が重要だと思います。
手に汗握る展開は、二時間以上にわたる長尺を感じさせる事なく見所満載。2Dでも3DでもIMAXでも、とにかく劇場で見る事をおすすめしますwa。


本作のテーマは、かつての防衛システム・スカイネットの是非から、ネット社会への依存が高まる現代文明に対するアンチテーゼへと変容しています。これも30年という時代の変遷ですな。。。既にその危機は迫りつつあるのかも。

スポンサーサイト
  •   16, 2015 15:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment