Nightcrawler…ナイトクローラー…

監督:ダン・ギルロイ
キャスト:ジェイク・ギレンホール、レネ・ルッソ、リズ・アーメッド、ビル・パクストン



(allcinema映画データベースよりコピペ) 
「ブロークバック・マウンテン」「エンド・オブ・ウォッチ」のジェイク・ギレンホールが、刺激的なスクープ映像を求めるあまりモラルのタガが外れていくフリーランスのニュース・カメラマン役で鬼気迫る怪演を披露し、高い評価を受けたピカレスク・サスペンス・ドラマ。共演はビル・パクストン、レネ・ルッソ、リズ・アーメッド。監督は「トゥー・フォー・ザ・マネー」「ボーン・レガシー」などの脚本を手がけ、本作が監督デビューのダン・ギルロイ。
 ロサンゼルスに暮らす孤独な中年男ルイス・ブルーム。野心はあるものの定職にも就かず、コソ泥をしてはその日暮らしのしがない日々。そんなある日、偶然遭遇した事故現場で、ビデオカメラ片手に夢中で撮影する男たちを目撃する。彼らはニュース映像専門のパパラッチ、通称“ナイトクローラー”。事件、事故の現場にいち早く駆けつけ、誰よりもショッキングな映像をカメラに収め、それをテレビ局に高く売りつけるのを生業とする連中だ。そんなことが商売になると知り、さっそくビデオカメラと無線傍受器を手に入れると、見よう見まねでナイトクローラーとしての活動を開始するルイスだったが…。




ジェイク・ギレンホールの怪演が評判を呼んでいる『ナイトクローラー』。スクープ映像を求めて文字通り夜のロサンゼルスを這い回るパパラッチの生態をマスコミ業界の視聴率至上主義と絡ませて描くことで、モラル崩壊に瀕する現代社会のひずみに深く切り込む作品となっています。

強烈な上昇志向を携えた主人公が、ナイトクローラーとしての成功を重ねるために常軌を失った行動に奔る姿を描いたものとして捉える向きもありますが、実はこの作品の視点はそんな浅いところにはありません。そもそも、主人公ルイス・ブルームのキャラクター設定が尋常じゃない。彼は自己の理論実現のためには法を犯すことを全く厭わない、超合理的思考の持ち主として、既にプロローグで描かれており、この超合理的思考がローカルTV局のプロデューサーの思惑を巻き込ことによって、ある種ビジネスパーソンとしての成功者の権化として祭り上げられていく事に、作品の本質が隠れているのです。
この事は、誰しも期待したはずの勧善懲悪という古典的理念があっさりと切り捨てられたエピローグを見れば明らかな事。本来否定されるべき主人公の所業は見事に花咲き実を結ぶ…。これこそ、ビジネス最優先の現代社会に投げかけられた最高のブラックジョークです。
スポンサーサイト
  •   28, 2015 20:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment