BALLETTGUTTENE /BALLET BOYS…バレエボーイズ…

監督:ケネス・エルヴェバック



(allcinema映画データベースよりコピペ)
 ノルウェーの首都、オスロでプロのバレエダンサーを目指す3人の少年、ルーカス、トルゲール、シーヴェルト。本作は、3人がバレエに打ち込む12歳から16歳の4年間を追い、常に才能と実力を問われ続けるシビアな世界で、葛藤や挫折を重ねながらも夢に向かって挑戦していく青春の日々を見つめたドキュメンタリー。




男の子のバレエと言えば、何と言ってもイギリス映画『リトル・ダンサー』。この『バレエ・ボーイズ』は、あくまでもドキュメンタリー作品なのでドラマチックな展開はありませんが、バレエに打ち込む三人の少年の姿が、映画の主人公ビリー少年と重なります。
しかし、生身の彼らは夢を追うばかりではなく、進路に悩み葛藤し、そして実に現実的に進むべき道を選択する。才能と努力に裏打ちされた実力こそが評価される厳しいバレエ界の中で、それぞれがダンサーとしての自己実現を果たすよう願わずにはいられません。

三者三様の思いが静かに語られ、あくまでニュートラルな立ち位置を崩さない制作姿勢に好感が持てるドキュメンタリーでした。
スポンサーサイト
  •   24, 2015 17:53
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment