GOOD KILL…ドローン・オブ・ウオー…

11190775_ori.jpg
監督:アンドリュー・ニコル
キャスト: イーサン・ホーク、ブルース・グリーンウッド、ゾーイ・クラヴィッツ、ジェイク・アベル、ジャニアリー・ジョーンズ



(allcinema映画データベースよりコピペ)
「ガタカ」のアンドリュー・ニコル監督とイーサン・ホークのコンビが贈る異色の戦争ドラマ。無人戦闘機ドローンの操縦士としてアメリカに居ながらにして中東での戦闘作戦に参加している一米軍兵士の日常と次第に深まる葛藤を通じて、アメリカが繰り広げるの戦争の実態を描き出す。共演はジャニュアリー・ジョーンズ、ブルース・グリーンウッド、ゾーイ・クラヴィッツ。
 ラスベガス郊外で美しい妻と2人の子どもに囲まれ満ち足りた生活を送るアメリカ空軍のトミー・イーガン少佐。かつてF-16戦闘機のパイロットとして活躍した彼は、現在はドローン操縦士として政府のテロリスト掃討作戦に貢献していた。そんな彼の赴任地はラスベガスの空軍基地内のオペレーション・ルーム。そこではるか中東上空を飛ぶドローンを遠隔操作し、テロリストと思われる敵に対して空対地ミサイル“ヘルファイア”を撃ちこむのが彼に与えられたミッションだった。時には民間人を巻き添えにしてしまうこともあるが、それでも一日の任務を終えれば、家族のいる温かな自宅が待っていた。そんな奇妙な二重生活に違和感は募るばかりで、次第に神経をすり減らしていくトミーだったが…。



このところ、冴えない中年男を演じる事の多かったイーサン・ホークが、久しぶりに寡黙でクールなパイロット役で登場。実際にはもう空を飛ぶ事の無くなった、戦闘ドローン操縦士というイマドキのキャラクタをスタイリッシュに演じています。
アメリカ本土ラスベガスで空軍基地と自宅を往復する静かな日常の裏には、遥か彼方で活動するテロリストを遠隔操作で攻撃するという過酷なミッションが存在し、近年の戦闘が実体感のないゲームの様相を成している事を端的に表しています。ゲーム機で体験できる戦闘はよりリアル化する一方で、実際の戦闘はより正確によりゲーム化していくという矛盾を、私たちはどう受け止めるべきか。これを戦争の進化と呼ぶ人もいるけれど、さらに進めば、データのやり取りだけで勝敗を決するということも起こりうるか。多分そんな未来も、もうすぐそこにきているのかもしれない。

主人公の住む住宅街を俯瞰する映像、そして逆に彼が遠い空を見上げる姿が、まるで絵画のように美しく、その生活感の欠如が逆に薄ら寒い印象を与える。最後に生身の人間らしく不条理な決断を下す主人公に再生のチャンスが与えられたのかは、誰も知ることができない。

スポンサーサイト
  •   01, 2015 00:53
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment