Pitch Perfect 2…ピッチ・パーフェクト…

監督:エリザベス・バンクス
キャスト:アナ・ケンドリック、レベル・ウィルソン、ヘイリー・スタインフェルド、ブリタニー・スノウ、スカイラー・アスティン、アダム・ディヴァイン、ケイティ・セイガル、アンナ・キャンプ、アレクシス・ナップ、ハナ・メイ・リー、クリッシー・フィット、エスター・ディーン、ケリー・ジェイクル、ジョン・マイケル・ヒギンズ、エリザベス・バンクス



(allcinema映画データベースよりコピペ)
大学の女子アカペラ部を舞台に描き世界的にヒットしたアナ・ケンドリック主演の学園音楽コメディの続編。卒業を控え、最後にして最大の晴れ舞台“アカペラ世界大会”での優勝を目指す“バーデン・ベラーズ”の面々の山あり谷ありの奮闘の行方を描く。共演はレベル・ウィルソン、ブリタニー・スノウ、ジョン・マイケル・ヒギンズ、エリザベス・バンクスらに加え、新たにヘイリー・スタインフェルドが参加。監督は本作のレギュラー・キャストでもある女優のエリザベス・バンクス。これが記念すべき長編監督デビューとなる。
 ベッカが所属する女子アカペラチーム“バーデン・ベラーズ”は全米大会で初優勝を飾って以来、目下3連覇中。名実ともに充実の時を迎えていた。ところがオバマ大統領の誕生日を祝うイベントでファット・エイミーがとんでもない失態を演じ、チームは活動禁止の処分に。そんなベラーズに唯一残された名誉挽回のチャンスは、強豪ひしめくアカペラ世界大会で優勝すること。しかしこれまでアメリカ代表の優勝経験はゼロ。しかも海外チームの超絶パフォーマンスを目の当たりにして、すっかり自信を失ってしまうベッカたちだったが…。












ここんとこ、ヨーロッパ映画が続いてましたが、久しぶりにアメリカ映画です。
主役のアナ・ケンドリックの抜群の歌唱力が話題となった『ピッチ・パーフェクト』の続編が公開。今回はアメリカから飛び出して、世界大会で名誉回復を目指します。
お話の内容は前作と同様、イケてないアカペラオタク女子のドタバタ奮闘劇に終始するのですが、今作でも期待を裏切らない超絶アカペラパフォーマンスがセットされているところがミソ。特に今回は、主人公たちのパフォーマンスは出し惜しみしつつ、ライバルであるドイツチーム、“ダス・サウンド・マシーン”のパワフルなパフォーマンスをフューチャーするという巧妙な仕掛けが面白い。さすがに鉤十字は出てこないけれど、彼らの頭文字『D・M・S』を連呼する熱狂的ファンを従えての演奏は一見の価値ありです。

卒業を控え、進路に悩みつつも最後の演奏に掛ける女子大生たちの体当たり演技を、頭空っぽにして楽しみましょう。
スポンサーサイト
  •   21, 2015 17:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment