ELSER(13minute)…ヒトラー暗殺、13分の誤算…

Elser-er-ドレスデラックスティーパーティー-hatte-ダイ-ウェルト-verandert映画ポスター-hd-プリント-サイズ-50-70-センチ-ウォール-ステッカー送料無料_convert_20151029014201
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
キャスト:クリスティアン・フリーデル、カタリーナ・シュットラー、ブルクハルト・クラウスナー、ヨハン・フォン・ビューロー、ダーヴィット・ツィンマーシート、フェリックス・アイトナー、ルーディガー・クリンク




(allcinema映画データベースよりコピペ) 
「ヒトラー ~最期の12日間~」のオリヴァー・ヒルシュビーゲル監督が、1939年11月8日にミュンヘンで起きたヒトラー暗殺未遂事件の知られざる真実の物語に迫るドラマ。主演は「白いリボン」のクリスティアン・フリーデル、共演にカタリーナ・シュットラー、ブルクハルト・クラウスナー。
 1939年11月8日、ドイツ。ミュンヘンのビアホールでは、ヒトラーによる毎年恒例のミュンヘン一揆記念演説が行われていた。やがて悪天候のため、ヒトラーは予定より早く演説を切り上げ退席する。その13分後、会場に仕掛けられた時限爆弾が爆発し、8人の犠牲者を出す。実行犯として逮捕されたのは、ゲオルク・エルザーという36歳の平凡な家具職人だった。ヒトラーは、エルザーの背後に何らかの大がかりな組織があると確信し、秘密警察ゲシュタに徹底した捜査を指示する。ところが、どんなに過酷な取り調べにも、単独犯との主張を曲げないエルザーだったが…。






『ヒトラー暗殺、13分の誤算』という邦題は、暗殺実行を巡って1分1秒しのぎを削る…というイメージを連想させますが、ドイツ語オリジナルタイトルはシンプルに『ELSER』と単独実行犯の名前のみ。要するに、本作は歴史サスペンスではなく、歴史の波に一人抗うことを善としたエルザーという青年の人間性を語るヒューマンドラマです。まあ、観客動員をはかる興行的ネーミンングが必要なのは判るけど、相変わらずなんだかなあという印象は拭えない。

第二次大戦開戦前、ナチス党が台頭しドイツ全土にファシズムの狂気が蔓延しはじめた時代。ヒトラーの掲げる理想に酔いしれる民衆の中にあって、愛と自由と音楽を切望する青年が、自ら抱く素朴な疑念にひとり突き動かされる姿を丁寧に描いていく。そう、彼にとって、自由を守るための行動は生命を維持する事と同義に置かれる。音楽を奏でる事も人妻との逢瀬を重ねる事も、すべて同じ次元にある。暗殺を決意し準備を重ねそれを実行に移すまで、たとえそれがテロ行為であったとしても絶対にぶれない。
このぶれない姿こそが本作のテーマであり、ナチの狂気の小賢しさを鮮明に浮かび上がらせる。見事でした。

ナチの末路は周知の事ですし、目を覆いたくなる取り調べの描写もあって、終始重苦しい感情に囚われる作品ですが、人間の本質に触れる真摯な姿勢が伺える良作です。終映後、拍手を送る方もいらした事も書き添えておきます。







スポンサーサイト
  •   24, 2015 01:43
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment