Flame & Citron : Flammen & Citronen・・・誰がために




第二次大戦時、ナチスによる“保護占領”下にあったデンマークの、二人のレジスタンスの過酷な人生を描いた、誠に真摯な映画。
主役のデンマーク俳優二人、トゥーレ・リントハートとマッツ・ミケルセンがとにかく文句なし。ひたすら対ナチス抵抗活動に奔る姿が観る者の心を捕らえます。特にヨーンことシトロンを演ずるマッツ・ミケルソンの、鬼気迫る演技が秀逸。この人、かの『007・カジノロワイヤル』で眼から血を流す悪役ル・シッフルを演じてますが、ここではまるで別人の様相。祖国デンマークの誇りを求める戦士をストイックに演じます。

映画ってあくまでエンターテイメントなんだけど、こういう社会派歴史モノは、知らぜらる史実に触れるチャンスを与えくれる貴重な存在でもあります。ひたすら感謝感謝。








スポンサーサイト
  •   16, 2010 21:56
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment