フランク・ゲーリー展

六本木・東京ミッドタウン敷地内にある、地下1階地上1階の低層建築物。



安藤忠雄氏デザインの 21_21 DESIGHN SIGHTです。



ここで開催中の『建築家フランク・ゲーリー展』に行ってきました。

スペイン・バスク地方にあるビルバオ・グッゲンハイム美術館や、ロサンゼルスのウオルト・ディズニー・コンサートホールのデザイナーとして有名です。


サンタモニカにある自宅のディスプレイを再現。





本展覧会のテーマ、"I Have an Idea"の展開図。

これ、設計作業の広がりを視覚的に表現してます。面白い。


実際のデザインの過程で製作された建築模型の数々。







最新作。パリのルイ・ヴィトン財団の模型。







7−8年前に、「スケッチ・オブ・フランクゲーリー」というドキュメンタリー映画を見て以来、彼の建築の虜になりました。
でも今回、ニューヨークにあるグッゲンハイム美術館が彼のデザインではなく、フランク・ロイド・ライトによるものと判って、ちょっと衝撃を受けた。ああ、思い込みには呉々も注意しなければ...。


それでも、専門家ではないながらも、建築に対する彼のアプローチの手法に触れる事ができ、改めて惚れ直す。楽しかったで。。。






スポンサーサイト
  •   29, 2015 02:59
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment