Finding Vivian Maier…ヴィヴィアン・マイヤーを探して…


監督:ジョン・マルーフ




(allcinema映画データベースよりコピペ)
 2007年、シカゴ在住の青年ジョン・マルーフは、地元の歴史本執筆の資料としてオークションで大量のネガ・フィルムが詰まった箱を競り落とす。中身はヴィヴィアン・マイヤーという無名の女性が撮った白黒のストリート写真。その素晴らしさに感動したマルーフがコレクションのごく一部をブログにアップしたところ大反響を呼び、やがて20世紀最高のストリート写真家の一人と評され、全米で一大センセーションを巻き起こす。本作は、ナニー(乳母)としての仕事の傍ら、15万枚以上もの写真を撮り続けながら、生前には一枚も公表することのなかったヴィヴィアン・マイヤーの謎に満ちた人生を、彼女の素晴らしい作品の数々とともに解き明かしていく驚きと感動のアート・ドキュメンタリー。第87回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門ノミネート作品。





実は、他の作品を観るつもりで出かけたのに、不覚にもチケットがSOLD OUT!急遽映画館変えて観たのがこの『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』だったのですが、予想外の拾い物となりました。

一人の無名の一般人が撮影した膨大な作品は、どれもこれも人物写真の傑作揃い。撮られる側の市井の人々の人格を、まるで一瞬のうちに切り取るその感性に驚かされるばかりです。今や常識となりつつある撮影後のレタッチ技術の無い時代。一発勝負のモノクロフィルム撮影でここまで無駄の無い的確な構図を捉えることがあるのだろうか。これぞまさしく天才か…。
ところが、この謎に満ちたヴィヴィアン・マイヤー女史の関係者による人物評が、まるでよろしくない。セルフポートレートから受ける印象と重ね合れば、そこに居るのは古典的な意地悪ナニー(乳母)そのもの。ナニーという仮の姿を纏いつつ、ひたすら人々の姿を撮り続ける。今となっては彼女の真意を知る由もないけれど、それは、世にその才能を顕示する事などにとらわれない、真の表現者の在り方なのかもしれません。

写真集?いや、ぜひ写真展で鑑賞することを切望します。。。
スポンサーサイト
  •   17, 2015 10:16
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment