ART AND CRAFT…美術館を手玉にとった男…


監督:サム・カルマン、ジェニファー・グラウスマン
共同監督:マーク・ベッカー
キャスト:マーク・ランディス




(allcinema映画データベースよりコピペ) 
2011年、アメリカの多くの美術館で絵画の贋作が展示されていることが発覚する。しかもそれは、たった一人の贋作画家マーク・ランディスによって制作されたものと判明する。彼は、自ら“慈善活動”と称する贋作の寄贈行為を30年間に渡って繰り返し、騙された美術館は全米で20州、46館にものぼった。ところがなんと、彼はそれを一銭の対価も受け取ることなく、すべて無償で寄贈していた。そのため、最終的には罪に問われることはなかった。本作は、全米のメディアがセンセーショナルに取り上げたこの奇妙な“慈善活動”を続けるマーク・ランディスに密着し、贋作制作の意外な舞台裏やその興味深い素顔に迫るとともに、騙されたキュレーター側にも取材を重ね、この不可思議な事件の真相とその驚きの顛末を記録したアート・ドキュメンタリー。




今年はいろいろ、美術ドキュメンタリー作品の当たり年ですが、本作品は贋作を扱ったちょっと異色の作品です。
そもそも贋作という言葉には常に犯罪の匂いが付きまとい、真贋を巡る人間の欲望が人を金品の詐取に至らしめるのが常。ところが、このマーク・ランディスという贋作画家には真贋の是非を問う価値感が欠如していて、ただコピーを生み出すという衝動があるのみ。彼にとって、自分の作品が賞賛をもって美術館に受け入れられることこそが生存証明であるかのように見えます。果たしてそれが慈善活動と言えるのか甚だ疑問ですが、此処までくると、真贋を精査せず飛びついたキュレーター達の浅薄なプロ意識の方が際立つ結果となりました。

実は、渋谷ユーロスペースでの鑑賞後、鈴木芳雄氏(美術ジャーナリスト)と保坂健二朗氏(東京国立近代美術館 主任研究員)とのトークショーが行われ、専門家ならではのコメントを興味深く拝聴。日本では真贋の精査と同時に作品の来歴も厳しくチェックされるので、こういった贋作問題は起きにくいそうです。それでも、美術の世界では真贋が覆る事もあり、何を持って真作とするかはデリケートな判断に任されているのも事実とか。そこには、芸術の本質から離れた、本物を求める人間の欲望だけが渦巻いているといえるのでしょう。
スポンサーサイト
  •   29, 2015 21:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment