SPECTRE…007 スペクター…

監督:サム・メンデス
キャスト:ダニエル・クレイグ、クリストフ・ヴァルツ、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、デイヴ・バウティスタ、アンドリュー・スコット、ロリー・キニア、イェスパー・クリステンセン、ステファニー・シグマン、モニカ・ベルッチ、レイフ・ファインズ



(allcinema映画データべーすよりコピペ)
 ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる007シリーズの4作目にしてシリーズ通算24作目となるスパイ・アクション大作。最大の宿敵“スペクター”の謎を追って世界を駆け巡るジェームズ・ボンドの活躍を壮大なスケールで描き出す。共演はクリストフ・ヴァルツ、ベン・ウィショー、レイフ・ファインズほか、ボンドガールとしてレア・セドゥ、モニカ・ベルッチ。監督は前作に引き続き「アメリカン・ビューティー」のサム・メンデス。
 “死者の日”の祭りでにぎわうメキシコシティで、凶悪犯スキアラと大立ち回りを演じたジェームズ・ボンド。後日、MI6の本部に呼び出され、Mから職務停止を言い渡されてしまう。折しもロンドンでは、スパイ不要論を掲げるマックス・デンビが国家安全保障局の新トップとなり、MI6をMI5に吸収しようと画策していた。表立って活動することができなくなったボンドだったが、マネーペニーやQの協力でローマへと飛び、そこでスキアラの未亡人ルチアと接触、強大な悪の組織の存在を突き止めるが…。




話題になってます007最新作『スペクター』。ボンドの出自と内面を描く傾向にあった新シリーズは、今回、往年のスパイ・アクション作品へ回帰し、最もスパイらしいダニエル・クレイグ版ボンドを楽しむ事ができます。ショーン・コネリーから始まった007シリーズへのオマージュをちりばめたプロットも、オールドファンを納得させる筈。

まずは、お決まりのプロローグ・アクションが秀逸です。メキシコ・シティで催される祝祭”死者の日”の狂乱を背景に、長回しで描かれる導入エピソードが、鳥肌が立つほどホットでクール。ダニエル・クレイグの歩く後ろ姿は、若干ねじれる背中の動きが超セクシーで痺れましたあ~。
それに続く史上最年長ボンド・ガール、モニカ・ベルッチとの絡みも上々で、ますます期待値上がる序盤はとにかく文句無し。ただ、中盤からラストに向けてのストーリー展開がちょいと荒い。せっかくの芸達者クリストフ・ヴァルツの悪役ぶりも薄っぺらな印象となっています。彼の持ち味は、あくまでも品位を保った上での邪悪さなのに、そのキャラが生かされておらず誠に残念。
まあ、序盤の出来が良いだけに後半の尻すぼみ感は拭えませんが、それでも、前作『スカイフォール』の完結編としての面目躍如は果たしているかと思われます。何より、トム・フォードの衣装を纏ったダニエル・ボンドが最高にクールでスマートでした。

本作でボンド役を完成させたダニエル・クレイグもこれで降板との噂???いやいや、エンドロール後に、”James Bond will return."というメッセージを見つけましたぞ…。もう一作アリというのが有力説です。


スポンサーサイト
  •   05, 2015 22:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment