Bridge of Spies…ブリッジ・オブ・スパイ…

監督:スティーヴン・スピルバーグ
キャスト:トム・ハンクス、マーク・ライランス、エイミー・ライアン、アラン・アルダ、スコット・シェパード、セバスチャン・コッホ、オースティン・ストウェル、ウィル・ロジャース、ミハイル・ゴアヴォイ





(allcinema映画データベースよりコピペ)
 一触即発の緊張状態にあった米ソ冷戦時代に、実際に行われたスパイ交換をめぐる驚愕の実話をコーエン兄弟の脚本、スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演で映画化した緊迫と感動のサスペンス・ドラマ。ごく普通の一民間人でありながら、スパイ交換の交渉役という一歩間違えれば自らの命はおろか、かろうじて保っていた世界平和さえ崩壊させかねない極秘任務を託された主人公が、弁護士としての矜持と信念を支えに、絶体絶命の難局に立ち向かっていく姿をスリリングに描く。共演は本作の演技で数々の映画賞に輝いた英国の実力派舞台俳優、マーク・ライランス。
 米ソ冷戦下の1957年、ニューヨーク。ルドルフ・アベルという男がスパイ容疑で逮捕される。国選弁護人として彼の弁護を引き受けたのは、保険を専門に扱う弁護士ジェームズ・ドノヴァン。ソ連のスパイを弁護したことでアメリカ国民の非難を一身に浴びるドノヴァンだったが、弁護士としての職責をまっとうし、死刑を回避することに成功する。5年後、アメリカの偵察機がソ連領空で撃墜され、アメリカ人パイロットのパワーズがスパイとして拘束されてしまう。アメリカ政府はパワーズを救い出すためにアベルとの交換を計画、その大事な交渉役として白羽の矢を立てたのは、軍人でも政治家でもない一民間人のドノヴァンだった。交渉場所は、まさに壁が築かれようとしていた敵地の東ベルリン。身の安全は誰にも保証してもらえない極秘任務に戸惑いつつも、腹をくくって危険な交渉へと臨むドノヴァンだったが…。





1960年前後の米ソ冷戦下、スパイ交換交渉に尽力した民間弁護士の活躍を、監督スピルバーグ、脚本コーエン兄弟、主演トム・ハンクスのそろい踏みで描く歴史サスペンスドラマ。こんな謳い文句のもと、各方面で絶賛されている作品ですが…。
うーん、どうなんでしょうね。。。キャッチコピーといい、評価といい、ちょっと的を外しているかな、というのが率直な感想です。確かに良く練られた作品で、いかにもスピルバーグらしく上手さを通り越して"あざとさ"さえも見え隠れする。ですが、これは政治サスペンスではなく、理想と現実の狭間であくまでも職務を全うする人間を描くヒューマンドラマだと思います。

主人公のドノヴァン弁護士は、アメリカの法の元、ソ連のスパイである依頼人の利益を守る事を第一に努力する。しかしそこには、公正な自由主義国を歌うプロパガンダと、将来の外交における国益、という二つの現実的な側面が隠れていて、ドノヴァンは実に巧妙に勝利を勝ち取ります。それは、交換交渉でも全く同じ。ヒューマニストの熱意というよりも、職業人としての嗅覚で相手方の心理を読み取る。一方、スパイであるルドルフ・アベルもまた一流の職業人で、どんな境遇に置かれようとも、ソ連側スパイとして一切ぶれる事なく、冷静に状況を理解し対処する。

まあ、史実に基づき様々なエピソードが手際よく語られていきますが、ポイントはこの二人の職業人としてのあり方のみ。その点では、弁護士役のトム・ハンクスよりもむしろスパイ役のマーク・ライランスの静謐な演技が圧倒的に勝っておりました。

実際は、ルドルフ・アベルの逮捕から偵察機U-2の撃墜、そしてベルリン・グリーニッケ橋(これぞまさしくブリッジ・オブ・スパイの事ね)でのスパイ交換までは、5年という月日が流れるのですが、そこはやはりエンターテイメント。時間をギュッと圧縮し、緊迫感を高める事に成功。スピルバーグが語るべき史実として撮った作品は、果たして評判通りオスカーに食い込むかどうか…。多分それは無いな、というのが私の個人的な意見です。
スポンサーサイト
  •   08, 2016 20:30
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment