Crimson Peak…クリムゾン・ピーク…

監督:ギレルモ・デル・トロ
キャスト:ミア・ワシコウスカ、ジェシカ・チャステイン、トム・ヒドルストン、チャーリー・ハナム、ジム・ビーヴァー





(allcinema映画データベースよりコピペ)
「パンズ・ラビリンス」「パシフィック・リム」のギレルモ・デル・トロ監督が「アリス・イン・ワンダーランド」「ジェーン・エア」のミア・ワシコウスカを主演に迎え、古びた大きな屋敷を舞台に怖ろしくも美しい幽霊譚を描いたゴシック・ホラー。共演はジェシカ・チャステイン、トム・ヒドルストン。
 20世紀初頭。富豪の父カーター・カッシングと2人でニューヨークに暮らす作家の卵、イーディス。母は彼女が少女の時に他界するも、幽霊となって彼女の前に現われ、“クリムゾン・ピークに気をつけなさい”と謎めいた警告を残すのだった。ある日、彼女はカーターのもとにやって来た準男爵の称号を持つ英国紳士トーマス・シャープと出会い、心惹かれていく。そんな折、不可解な死でカーターがこの世を去り、イーディスは莫大な遺産を相続することに。悲しみに暮れる彼女はトーマスと結婚し、英国にある彼の広大な屋敷へとやって来る。そこにはトーマスの姉ルシールも住んでいて、ミステリアスな彼女の態度に戸惑いを隠せないイーディスだったが…。




個人的に大好き、ギレルモ・デル・トロ監督の最新作は、ロマンの香り漂うゴシック・ホラー劇。
いささか既視感のあるストーリーですが、そんな事より耽美的な世界感と様式美あふれる映像、そして絶妙なキャスティングがたまりません。いずれも不幸顔で熱演する二人の女優、ミア・ワシコウスカとジェシカ・チャステインを相手に、トム・ヒドルストンの気高い演技がより際立ちます。アベンジャーズ・シリーズの小悪人『ロキ』役も良かったけれど、この落ちぶれた準男爵もよくお似合いでした。
とにかく、あまり細かい事にこだわらず、真っ赤に染まるクリムゾン・ピークでの惨劇を派手に怖がり堪能すべき作品です。一応レイティングはR15+ですが、さほどアクも強くないのでご安心を。。。


トム・ヒルドストンと言えば、昨年、英国車ジャガーのCMにニコラス・ホルト君と出ていました。美しいこの二人が揃うと中々格調高く、いかにも英国チック。こちらのCMもオススメでございます。
スポンサーサイト
  •   15, 2016 22:15
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment