LIFE…ディーン、君がいた瞬間…

監督:アントン・コルベイン
キャスト:ロバート・パティンソン、デイン・デハーン、ジョエル・エドガートン、アレッサンドラ・マストロナルディ、ベン・キングズレー、ローレン・ギャラガー、ピーター・ルーカス、マイケル・テリュー、ケイトリン・スチュワート、ケリー・マクレアリー





(allcinema映画データベースよりコピペ)
デビュー間もないジェームズ・ディーンに密着し、直後に伝説となった彼の貴重なポートレート写真を撮影した若手写真家デニス・ストック。本作は著名な写真家でもある「コントロール」「誰よりも狙われた男」のアントン・コルベイン監督が、そんなデニス・ストックとジェームズ・ディーンの撮影旅行に焦点を当て、2人の友情と知られざる素顔を描いた伝記ドラマ。出演はジェームズ・ディーン役に「クロニクル」「アメイジング・スパイダーマン2」のデイン・デハーン、デニス・ストック役に「トワイライト」シリーズのロバート・パティンソン。
 1955年、アメリカ。野心溢れる若手写真家デニス・ストックは、初主演作「エデンの東」の公開を目前にした無名の俳優ジェームズ・ディーンと出会い、意気投合。試写を観て彼がスターになると確信したデニスは、ライフ誌にフォト・エッセイの企画を売り込むと、撮影に乗り気でないディーンを追ってニューヨークへと向い、やがて彼の故郷インディアナへの旅にも同行するのだったが…。







初主役『エデンの東』で一躍脚光を浴び、ちょうど次作『理由なき反抗』の主役を射止めた頃のジェームズ・ディーンのエピソードが描かれています。もちろん、彼は私が生まれる前に事故死し、リアルな彼を観たことはありません。が、数少ない出演作品での屈折した演技は今でも高い評価を受け、その評判を耳にする事もしばしば。俯き加減に放つ鋭い視線は、彼自身の心の葛藤を物語るようです。

そんなジェームズ・ディーンを演じる本作の主役デイン・デハーンですが、実像に近づこうとすればする程ジェームズ・ディーンは逃げて行く。多分ビジュアル的に似せる事はさほど重要ではないのだな、と、改めて伝記作品の陥りがちな迷宮を見る思い。
フォトグラファーを演じたロバート・パディントンも言わずもがな。。。ごめんなさい、私この人の良さがさっぱり分からない。

という訳で、ジェームズ・ディーンの伝説を改めて嚙みしめる事となった作品でした。
スポンサーサイト
  •   01, 2016 20:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment