DHEEPANディーパンの戦い…

24965-dheepan-2015-f.jpg
監督:ジャック・オーディアール
キャスト:アントニーターサン・ジェスターサン、カレアスワリ・スリニバサン、カラウタヤニ・ヴィナシタンビ、ヴァンサン・ロティエ


(allcinema映画データベースよりコピペ)
「預言者」「君と歩く世界」のジャック・オーディアール監督による2015年カンヌ国際映画祭パルムドール受賞の社会派サスペンス・ドラマ。内戦下のスリランカを逃れ、フランスに入国するため赤の他人と家族を装うことになった元兵士の過酷な運命をスリリングに描き出す。主演は本人も実際に少年兵として内戦で戦った経験を持つアントニーターサン・ジェスターサン。
 内戦が続くスリランカ。妻と娘を殺され、戦う意味も失った元兵士のディーパン。難民キャンプで一人の女ヤリニと出会う。単身よりも家族のほうが難民として受け入れられやすいということで、2人は母を亡くした少女イラヤルも加え、家族としてフランスへ向かう。やがて、どうにか難民審査をパスした3人は、パリ郊外の集合団地に移り住む。そこで、団地の管理人の職を得たディーパンは、秘密を共有するヤリニ、イラヤルとともに、嘘がバレないよう、慎重に家族のフリをし続ける。それもこれも、ただ平穏な暮らしを願ってのことだったのだが…。





2015年度カンヌ映画祭で、あの『キャロル』を押え審査員の満場一致でパルムドールを獲得した本作。オスカーのように華やかな話題性に流されることなく審査員たちの感性のみで選ばれたと、そっちの方で話題になった作品です。
内戦の戦火を逃れフランスに渡った擬似家族。夫役のディーパンと妻役のヤリニとの心を削るような摩擦が、ヒリヒリと身に染みる。そんな三人三様の心模様を描きだすストーリーは、難民問題に揺れるフランス社会を背景に、ただでさえ危うい生活基盤が更なる危機に晒されるというサスペンスへと昇華していきます。

スリランカ内戦で反政府勢力の少年兵として活動した経験を持つ主演アントニーターサン・ジェスターサンの存在感が揺るぎない。特に、終盤の奮起する姿には圧倒的なリアリティが宿り、彼の闘いが生き抜くために避け難いものであった事を語ります。

果たして、この疑似家族たちには明るい未来が待ち受けているのか…。描かれる後日譚は現実か白昼夢か…。深い余韻を残してくれる作品でした。
スポンサーサイト
  •   23, 2016 19:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment