The 88th Academy Awards


授賞式前に、アカデミー賞における人種差別問題が話題となった今年のオスカー。黒人コメディアン、クリス・ロックの司会のもと、昨日2/28、受賞作が決まりました。
まずは、主要部門。★が受賞した作品、俳優です

作品賞
「マネー・ショート 華麗なる大逆転」(未公開)
「ブリッジ・オブ・スパイ」(公開済)
「ブルックリン」(未公開)
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(公開済)
「オデッセイ」(公開済)
「レヴェナント 蘇えりし者」(未公開)
「ルーム」(未公開)
★「スポットライト 世紀のスクープ」(未公開)

監督賞
アダム・マッケイ「マネー・ショート 華麗なる大逆転」
ジョージ・ミラー「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
★アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ「レヴェナント 蘇えりし者」
レニー・アブラハムソン「ルーム」
トム・マッカーシー「スポットライト 世紀のスクープ」

主演男優賞
ブライアン・クランストン「トランボ(原題)」
★レオナルド・ディカプリオ「レヴェナント 蘇えりし者」
マイケル・ファスベンダー「スティーブ・ジョブズ」
エディ・レッドメイン「リリーのすべて」
マット・デイモン「オデッセイ」

助演男優賞
★マーク・ライランス「ブリッジ・オブ・スパイ」
シルベスター・スタローン「クリード チャンプを継ぐ男」
クリスチャン・ベール「マネー・ショート 華麗なる大逆転」
マーク・ラファロ「スポットライト 世紀のスクープ」
トム・ハーディ「レヴェナント 蘇えりし者」

主演女優賞
ケイト・ブランシェット「キャロル」
ジェニファー・ローレンス「ジョイ(原題)」
シャーロット・ランプリング「さざなみ」
★ブリー・ラーソン「ルーム」
シアーシャ・ローナン「ブルックリン」お気に入り詳細を見る

助演女優賞
ルーニー・マーラ「キャロル」
レイチェル・マクアダムス「スポットライト 世紀のスクープ」
ジェニファー・ジェイソン・リー「ヘイトフル・エイト」
★アリシア・ビカンダー「リリーのすべて」
ケイト・ウィンスレット「スティーブ・ジョブズ」


オスカーの行く先は、見事に割れました。作品賞に社会派ドラマ「スポットライト 世紀のスクープ」が選ばれたのは、いかにもアカデミー好みという感じです。驚きは、イニャリトゥ監督2年連続の受賞。マッド・マックスの世界を見事に蘇らせたジョージ・ミラー監督を押す声も多かったんですけどねー。彼の作品は割と好きなので、「レヴェナント 蘇えりし者」の公開が楽しみです。
その「レヴェナント…」で、念願のオスカーを獲ったデカプー。なぜだかアカデミー会員に嫌われていた彼も、芸歴22年ノミネート4回目にしてようやく夢叶い、その興奮ぶりがスピーチにも表れてました。がしかし、これってNHKのニュースになるほどの一大事かしらん?

それにしても、日本で公開済となっている作品が余りに少ない。8作中わずか3作とは…、いったいどーゆー事なんでしょうか。毎回この時期、腹が立つ。作品の良し悪しを考える余地もなく受賞作を知らされる歯がゆさったら…、もうホント勘弁してほしい。ワールドワイドからみて、いつも日本公開は異常に遅いんです。誰かなんとかしてオクレ。


その他の部門賞は以下のとおり。

脚本賞
マット・シャルマン、イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン「ブリッジ・オブ・スパイ」
ピート・ドクター、メグ・レフォーブ、ジョシュ・クーリー「インサイド・ヘッド」
★ジョシュ・シンガー、トム・マッカーシー「スポットライト 世紀のスクープ」
ジョナサン・ハーマン、アンドレア・バーロフ「ストレイト・アウタ・コンプトン」
アレックス・ガーランド「Ex Machina」

脚色賞
★チャールズ・ランドルフ、アダム・マッケイ「マネー・ショート 華麗なる大逆転」
フィリス・ナジー「キャロル」
ドリュー・ゴダード「オデッセイ」
エマ・ドナヒュー「ルーム」
ニック・ホーンビィ「ブルックリン」


撮影賞 レヴェナント:蘇えりし者
編集賞 マッドマックス 怒りのデス・ロード
美術賞 マッドマックス 怒りのデス・ロード
衣装デザイン賞 マッドマックス 怒りのデス・ロード
メイキャップ&ヘアスタイリング賞 マッドマックス 怒りのデス・ロード
視覚効果賞 Ex Machina
録音賞 マッドマックス 怒りのデス・ロード
音響効果賞  マッドマックス怒りのデス・ロード
作曲賞 ヘイトフル・エイト
主題歌賞 「Writing's on the Wall」(007/スペクター)
アニメーション映画賞 インサイド・ヘッド
外国語映画賞 サウルの息子(ハンガリー)
ドキュメンタリー映画賞(長編) AMY エイミー
ドキュメンタリー映画賞(短編) A Girl in the River: The Price of Forgiveness
短編映画賞(実写) Stutterer
短編映画賞(アニメーション) Bear Story (Historia De Un Oso)


なんと「マッドマックス怒りのデスロード」が6部門受賞という快挙、部門数でトップとなりました。あの世界観を映像化したセンスと技術に文句無しの賞賛が捧げられ個人的には満足満足。それだけ、アカデミー会員にとっても衝撃的な作品だったという事ですね~🎵。
スポンサーサイト
  •   01, 2016 01:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment