SON OF SAUL…サウルの息子…

son of saul
監督:ネメシュ・ラースロー
キャスト:ルーリグ・ゲーザ、モルナール・レヴェンテ、ユルス・レチン、トッド・シャルモン、ジョーテール・シャーンドル



(allcinema映画データベースよりコピペ)
2015年のカンヌ国際映画祭グランプリ受賞をはじめ、数々の映画賞を賑わした衝撃のホロコースト映画。収容所で死体処理係を命じられ、繰り返される惨劇の中で人間性を失いかけていたユダヤ人の男が、ひとりの少年の死をきっかけに、その亡骸を自らの危険を顧みず正しく埋葬することに全身全霊を傾けていく姿を、独創的かつ緊張感あふれる筆致で描き出していく。主演はルーリグ・ゲーザ。監督はタル・ベーラ監督の「倫敦(ロンドン)から来た男」で助監督を務め、本作が長編デビューとなるハンガリーの期待の新鋭ネメシュ・ラースロー。
 1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所。ここに収容されているハンガリー系ユダヤ人のサウルは、同胞をガス室へと送り込み、その死体処理も行う“ゾンダーコマンド”として働いていた。ある日、ガス室でまだ息のある少年を発見する。結局亡くなってしまったその少年を、サウルは自分の息子と思い込む。そしてナチスの監視の目を盗み、ユダヤ教の教義にのっとった正しい埋葬で弔ってあげようと決意するのだったが…。







ホロコーストを題材にした映画は数多くありますが、本作はこれまでの作品とは全く別物で、良い意味で奇作怪作です。
主人公サウルの人格など一切描かず、カメラはただひたすら彼の背中や眼差しに張り付くのみ。スタンダードサイズの画角とソフトファーカスによる遠景が、彼の肩越しに見え隠れする死体処理工場の非人間的日常を際立たせます。そして、少年の為にただひたすらラビ(ユダヤ教の聖職者)を捜し求めるサウルの愚直な行動は、決して他者の共感を呼ばないと解っていても、だからこそ時に崇高にも見え、観る者に起こり得ない奇跡を期待させる。

観客自身の想像力を借りて、語り手ネメシュ・ラースロー監督が自らの主張を観客に刷り込んでいくという、実に巧妙な仕掛けが潜んでいる作品でした。記録の少ないゾンダーコマンドの実態を、まるでドキュメンタリーのごとく語る監督の手腕に脱帽です。


スポンサーサイト
  •   02, 2016 01:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment