THE HATEFUL EIGHT…ヘイトフルエイト…


監督:クエンティン・タランティーノ
キャスト:サミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ジェニファー・ジェイソン・リー、ウォルトン・ゴギンズ、デミアン・ビチル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、ブルース・ダーン、チャニング・テイタム




(allcinema映画データベースよりコピペ)
 鬼才クエンティン・タランティーノ監督が、大雪で小さなロッジに足止めをくらったワケあり男女8人を主人公に描くバイオレンス・ミステリー西部劇。ひとつの殺人事件をきっかけに、嘘で塗り固められた登場人物たちの間に広がる疑心暗鬼の行方と思いも寄らない素性が次第に明らかとなっていくさまを、緻密な脚本と過激なバイオレンス描写で描き出していく。出演はサミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ジェニファー・ジェイソン・リー、ウォルトン・ゴギンズ、デミアン・ビチル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、ブルース・ダーン。
 南北戦争後のワイオミング。雪の中を走る1台の駅馬車。乗っているのは賞金稼ぎのジョン・ルースと手錠をはめられた賞金首の女デイジー・ドメルグ。そこへ、馬が倒れて立ち往生していた元騎兵隊の賞金稼ぎマーキス・ウォーレンが、お尋ね者3人の死体と共に乗り込んでくる。共にレッドロックを目指す一行は猛吹雪を避け、道中にあるミニーの紳士洋品店に立ち寄ることに。そしてその途中でもう一人、レッドロックの新任保安官だというクリス・マニックスを拾う。ようやく辿り着いたミニーの店にミニーの姿はなく、見知らぬメキシコ人のボブが店番をしていた。そんな店には他に、絞首刑執行人のオズワルド・モブレー、カウボーイのジョー・ゲージ、南軍の元将軍サンディ・スミザーズという3人の先客がいた。一見、まるで無関係な8人は、ひょんな成り行きから、この店で一晩を一緒に過ごすハメになるのだったが…。





バイオレンスムービーの大御所クエンティン・タランティーノ監督。彼の作品はハッキリ好みが分かれるけれど、だからこそ鬼才と呼ばれる所以で、私は結構好きですね。『レザボア・ドッグス』『パルプ・フィクション』『フロム・ダスク・ティル・ドーン』『シン・シティ』『イングロリアス・バスターズ』…と数え上げればキリがない。
そして今作。語り口は『レザボア・ドッグス』に似て、一見何の関わりもなく遭遇した様に見える人々の、密かに縺れた人間関係が次第に解きほぐされていく。が、しかし、そこはタランティーノ。それぞれのエピソードが開示される毎に爆発的なバイオレンスの嵐が華やかに吹き荒れ、圧倒的なカタルシスをもたらします。芸達者を揃えたキャストの中でも、賞金首の女デイジー・ドメルクを演じたジェニファー・ジェイソン・リーの化けぶりにも注目。

嘘というよりも、隠匿された事実が巧妙に積み上げられたストーリーにワクワクする人も多いはず。心して、R18+作品に臨んで下さい。
スポンサーサイト
  •   04, 2016 22:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment