桝目描き競演

東京から戻っての翌日。自力で西へ爆走。



到着しました。お天気イマイチで、アート展の幟が映えない。。。

滋賀県山奥にあるMIHOミュージアム。運営母体は神慈秀明会という宗教新興宗教団体ですが、外国人向けのミシュラン観光ガイドブックで三ツ星付いただけあって、桃源郷をイメージした建造物と充実したコレクションは、立派なもの。熱海のMOA美術館に雰囲気似てるwaと思ったら、神慈秀明会はそちらの世界救世教から独立した宗教団体らしい。ナルホドナルホド。




開催中の『かざり-信仰と祭りのエネルギー』と銘打ったアート展、

お目当は若冲の桝目描き図屏風の競演です。




花樹鳥獣戯画図屏風(静岡県立美術館蔵)

vs
鳥獣花木戯画図屏風(エツコ&ジョー・プライス・コレクション蔵)




若冲の真筆かどうか色々議論されたこともありますが、何より二組同時にみられる事が凄い!はるばる車跳ばしてきた甲斐がありました。
常設展は何度か見ているのでスッ飛ばしカフェで休憩。彼方に神慈秀明会の神苑を望みながら"白玉あずき"をいただきました。






今年は若冲生誕300年という事で、4月には東京都美術館で大規模な若冲展が開かれます。

コチラもオススメです。

スポンサーサイト
  •   09, 2016 20:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment