The Big Short…マネー・ショート 華麗なる大逆転…


監督:アダム・マッケイ
キャスト:クリスチャン・ベイル、スティーヴ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピット、ルディ・アイゼンゾップ、ケイシー・グローブス、マリサ・トメイ



(allcinema映画データベースよりコピペ)
「マネーボール」の原作者マイケル・ルイスのベストセラー・ノンフィクション『世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち』を映画化した社会派金融群像ドラマ。サブプライム・ローンの破綻を引き金としたリーマンショックの舞台裏で繰り広げられた驚きの実話を基に、デタラメな錬金システムを編み出し、バブルに浮かれるウォール街を尻目に、いち早くその矛盾を見抜き、バブルの崩壊に賭ける世紀の大バクチを打ち、巨万の富を手にした4人のはみ出し者たちの戦いの行方をスリリングに描く。出演はクリスチャン・ベイル、ライアン・ゴズリング、スティーヴ・カレル、ブラッド・ピット。監督は「俺たちニュースキャスター」「アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」のアダム・マッケイ。
 2005年。風変わりな金融トレーダーのマイケルは、格付けの高い不動産抵当証券に信用力が低いはずのサブプライム・ローンが組み込まれていることに気づき、破綻は時間の問題だと見抜く。だが、好景気に沸くウォール街で彼の予測に真剣に耳を傾ける者など一人もいなかった。そこでマイケルは、“クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)”という金融取引で、バブル崩壊の際に巨額の保険金が入る契約を投資銀行と結ぶ。同じ頃、若き銀行家ジャレッドやヘッジファンド・マネージャーのマーク、引退した伝説のベンもまた、バブル崩壊の足音を敏感に察知し、ウォール街を出し抜くべく行動を開始するが…。




世界中に経済不況をもたらしたリーマンクライシスの裏で、巨万の富を得た主人公たち。サブタイトルでは彼らの勝利を、”華麗なる大逆転”などと華やかに謳ってはいますが、本作は単なるサクセスストーリーには非ず。素人には判りづらい金融システムを噛み砕いて説明しつつ、実は、数字に踊る金融の世界の根深い闇を描いていきます。
巨大な投資銀行を向こうにまわし賭けに勝利した主人公たちもまた、金満という言葉に毒された人々の一部であり、自己の勝利と背中合わせとなる経済破綻の波及にたじろぐ姿は実に痛々しい。特にゴールドマンサックス傘下のファンド・マネージャーを演じたスティーブ・カレルのキレッキレのシリアス演技が良いですねえ。この世界で生き延びる事の過酷さを滲ませます。

いやはや、ウォール街は正に伏魔殿か。。。この金融クライシスを忘れたかのように、相変わらず株価・為替・金利・原油価格などなどマクロ経済を語る数字が踊り、お金は行き場を求め右往左往する。昨今の不安定な経済動向を見るに、どうやら市場は投機ゲームのためだけの場となり、数字は実体経済を映していないのかもしれません。次にやってくるのは一体何だ?恐ろしや恐ろしや。。。


オリジナルタイトルの『the big short』の short とは、先物取引での空売りの意。タイトルをそのまま翻訳すれば、”でっかい空売り”って事ですが、それを”マネー・ショート”ってしちゃったので、全くの意味不明となってます。相変わらずひどい邦題、センス無いなあ。。。

スポンサーサイト
  •   11, 2016 15:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment