MARGUERITE…偉大なるマルグリット…

Marguerite_poster.jpg
監督:グザヴィエ・ジャノリ
キャスト:カトリーヌ・フロ、アンドレ・マルコン、ミシェル・フォー、クリスタ・テレ、ドゥニ・ムプンガ、シルヴァン・デュエード



(allcinema映画データベースよりコピペ)
「情痴 アヴァンチュール」のグザヴィエ・ジャノリ監督がアメリカに実在した“音痴の歌姫”フローレンス・フォスター・ジェンキンスのエピソードにインスピレーションを得て撮り上げた切なくも感動的な人生ドラマ。主演は「地上5センチの恋心」「大統領の料理人」のカトリーヌ・フロ。
 1920年、フランス。パリ郊外にあるマルグリット・デュモン男爵夫人の邸宅で、チャリティを目的としたサロン音楽会が開かれていた。いよいよ主役のマルグリット男爵夫人が登場し、威風堂々と歌い始める。邸宅に忍び込み貴族たちに紛れ込んでいた新聞記者のボーモンは、その歌声を聴くや己の耳を疑った。彼女は破壊的なまでの音痴だったのだ。しかし、富豪のマルグリットに対し、誰もそのことを指摘できる者はいなかった。やがてボーモンの誘いを受け、初めて一般聴衆の前で歌う機会を得たマルグリット。これが彼女の歌心にさらなる火を付けてしまい、夫ジョルジュの心配をよそに、ついにはパリでリサイタルを開くと決意、その実現に邁進していくマルグリットだったが…。




フランスのセザール賞常連のカトリーヌ・フロ。『大統領の料理人』では、男性社会で孤軍奮闘する女性シェフをエネルギッシュに演じていましたが、今作では、満たされない心を癒すべく音楽に傾倒する男爵夫人に扮し、憂いを秘めた眼差しと細やかな演技を見せてくれます。
実在の奇才フローレンス・フォスター・ジェンキンスがどんな理由で歌ったのか私には知る由もないのですが、本作のヒロイン、マルグリットにとっては、芸術の世界に身を置く事が自己顕示の唯一の道だったに違いありません。それもこれも夫の無理解がもたらした悲劇に他ならず、しかも無自覚という仕打ちが彼女をさらに追い詰めます。

なんとも切なく悲しい夫婦のお話ですが、この滑稽な歌い手の下手さ加減がなんとも絶妙。破滅的でありながら力強い歌唱が妙に人の心を捉え、物語に説得力を与えています。美しい衣装やシュールな大道具、脇を固める濃いキャラクター、次々と登場するアリアの名曲に、ダダイスム漂うパリの世相などなど、シニカルなストーリー以外にも見所の多い作品でした。


なんと!、モデルとなったアメリカ人歌手フローレンスの伝記映画が、今年イギリスで公開予定とか。こちらは、メリル・ストリープとヒュー・グラントの共演のコメディ作品らしいです。果たして日本公開なるか…?







スポンサーサイト
  •   15, 2016 23:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment