MR. HOLMES…Mr.ホームズ 名探偵最後の事件…

images.jpeg
監督:ビル・コンドン
キャスト:イアン・マッケラン、ローラ・リニー、真田広之、マイロ・パーカー、ハティ・モラハン、パトリック・ケネディ、ニコラス・ロウ、ロジャー・アラム、フィル・デイヴィス、フランシス・デ・ラ・トゥーア、ジョン・セッションズ



(allcinema映画データベースよりコピペ)
静かな余生を送る晩年のシャーロック・ホームズを主人公にしたミッチ・カリンの同名小説を「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのイアン・マッケラン主演で映画化したミステリー・ドラマ。死を意識し始めたホームズが、自らを引退に追いやった未解決事件に再び立ち向かう姿を描く。共演はローラ・リニー、マイロ・パーカー、真田広之。監督は「愛についてのキンゼイ・レポート」「ドリームガールズ」のビル・コンドン。
 海辺の家でミツバチの世話をしながら穏やかな隠居生活を送る93歳のシャーロック・ホームズ。しかし彼には一つだけ心残りがあった。それは30年前、記録係のワトスンが去った直後の出来事。ある男の依頼を受け、彼の妻の素行調査を開始したホームズは、そこで人生最大の失態を犯して引退に追い込まれたのだった。やがてホームズは、この唯一の未解決事件の謎を解くべく、探偵に憧れる家政婦の10歳の息子ロジャーを助手に迎え、再び捜査に乗り出すが…。




ついこの間、散々文句を言った作品『シャーロック 忌まわしき花嫁』のベネディクト・ガンバーバッチ他、武闘派のロバート・ダウニー・jr、ちょっと古いところでNHKで放映されたTVシリーズのジェレミー・ブレッドなどなど、いずれのシャーロック・ホームズも頭脳明晰で颯爽と事件を解決するというイメージが先行するのが常。今作はサーの称号も持つイアン・マッケランが主役と聞いて、どんなホームズが登場するのかしらと期待していたのですが、見事に肩透かしを喰らいました。決して期待はずれというのではなく、全く次元の違うホームズ氏がそこに居た。。。

まあ、間も無く77歳の喜寿を迎えようとするイアン・マッケランなので、老境に達したホームズを演じるのは当然とはいえ、まさか、ヨロヨロとまだら模様となった記憶をたどりながら、未解決事件という宿題に挑む設定にはちょっと驚きました。そして、有機的な人間関係を築くことを受け入れた彼が、ようやく安住の場所を得るという帰結を見て、ああ、これは老人問題がテーマなんだなと納得。あのホームズでさえも、悔恨を乗り越えてようやく自らの人生を昇華させる…、なんとも滋味深い作品でした。

ちょうどど真ん中あたり、実年齢76歳のイアン・マッケランが、63歳と93歳のホームズを演じ分けていますが、どうみても93歳のホームズの方がリアリティありです(笑) 。


スポンサーサイト
  •   23, 2016 11:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment