MIA MADRE…母よ、…

mia madre
監督:ナンニ・モレッティ
キャスト:マルゲリータ・ブイ、ジョン・タートゥーロ、ジュリア・ラッツァリーニ、ナンニ・モレッティ、ベアトリーチェ・マンチーニ



(allcinema映画データベース)
 「息子の部屋」「ローマ法王の休日」のイタリアの名匠ナンニ・モレッティ監督が、映画監督として新作の撮影に追われる一方で、余命を宣告された母との悲しい別れに向き合うヒロインの葛藤を笑いと涙で描いた感動ドラマ。主演は「題名のない子守唄」「はじまりは5つ星ホテルから」のマルゲリータ・ブイ。共演にジョン・タートゥーロ、ナンニ・モレッティ。
 映画監督のマルゲリータは恋人と別れたばかりで、反抗期の娘ともすれ違い気味。新作映画の撮影もなかなか思うように進まず、悩み多き日々。しかし何よりも気がかりなのは、兄のジョヴァンニと共に世話している入院中の母アーダのことだった。そんな中、主演に迎えたアメリカ人俳優バリーが撮影に加わるが、互いに我の強い2人は現場で衝突してばかり。そこへきて母の病状が悪化、ついに医者から余命わずかと宣告を受けるマルゲリータだったが…。






"親を見送る"のは、早かれ遅かれ誰しも一度は通る道。まあ年齢にもよるけれど、その切なさや哀しみを乗り越えて初めてオトナになれるのかもしれない。でもね、余程の不幸が無い限り、親は自分より先に亡くなるのが順当でしょう。老いていく親をケアしながら、来るべきその時の為に心の準備を整えるのも、オトナとしてするべき事じゃないかなあ。。。

こんなスタンスを取る者にとっては、本作のヒロインの言動はちょっと頂けない。百歩譲って、母親に対する哀切をストレートに描いているという主張を受け入れたとして、余りに情緒的で幼稚と目に映る。こういう描き方は好きじゃない。すいません、要するに、共感できる部分がひとかけらも無かったという事です。

親は自らの死をもってさえも子供に教えを残す、という深いメッセージが込められた作品。それを素直に受け取れるかどうかは、観る者のそれぞれの家族観にかかってます。






スポンサーサイト
  •   31, 2016 23:00
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment