CAPTAIN AMERICA:Civil War…シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ…

なんというか、GW中も粛々と映画を観て投稿ネタはホールドしておりますが、またまたスランプで筆が進みません。さあ、頑張って連投スタートです。



civil war
監督:アンソニー・ルッソ
キャスト:
クリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース)
ロバート・ダウニー・Jr(アイアンマン/トニー・スターク)
スカーレット・ヨハンソン(ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ)
セバスチャン・スタン(ウィンター・ソルジャー/バッキー・バーンズ)
アンソニー・マッキー(ファルコン/サム・ウィルソン)
ドン・チードル(ウォーマシン/ジェームズ・“ローディ”・ローズ)
ジェレミー・レナー(ホークアイ/クリント・バートン)
チャドウィック・ボーズマン(ブラックパンサー/ティ・チャラ)
ポール・ベタニー(ヴィジョン)
エリザベス・オルセン(スカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフ)
ポール・ラッド(アントマン/スコット・ラング)
エミリー・ヴァンキャンプ(エージェント13/シャロン・カーター)
トム・ホランド(スパイダーマン/ピーター・パーカー)
フランク・グリロ(クロスボーンズ/ブロック・ラムロウ)
ウィリアム・ハート(ロス長官)
ダニエル・ブリュール(ヘルムート・ジモ大佐)
マーティン・フリーマン





(allcinema映画データベースよりコピペ)
マーベル原作の大ヒット・シリーズ「キャプテン・アメリカ」の第3弾にして“アベンジャーズ”の豪華再結集で贈るヒーロー・アクション超大作。最強チーム“アベンジャーズ”が意見の対立から2つに分裂、それぞれが信じる正義を胸に敵・味方に別れて壮絶な戦いを繰り広げるさまを描く。主演はクリス・エヴァンス、共演にロバート・ダウニー・Jr。監督は前作「ウィンター・ソルジャー」に引き続きアンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ。
 力を一つに合わせ、世界の危機を何度も救ってきたスーパーヒーロー・チーム“アベンジャーズ”。しかし、その強大な力を危険視する声が高まり、彼らを国連の監視下に置くことが議論される。これに対し、アイアンマンはアベンジャーズを守るためには受け入れざるをえないとの考えを示す一方、キャプテン・アメリカは己の信念を貫きこれに強く反対する。そんな中、ウィーンで新たなテロ事件が発生し、キャプテン・アメリカの旧友バッキーが容疑者として指名手配されてしまう。アイアンマンとの対立が深まる中、重い決断を迫られるキャプテン・アメリカだったが…。





マーベルコミックの勢いと資本力がヒシヒシと伝わるエンターテイメント作品。もう貪欲に稼ぎまくる意欲満々です。アベンジャーズのメンバーを演じるキャストも豪華だし、VFXもアクションシーンも充実。おまけに新たに投入された新メンバー、アントマンとスパイダーマンのキャラ設定がスパイスとして効いて、なかなか面白い。チョイとネタバレになりますが、クライマックスの対決シーンでアントマンが巨大化するくだりは報復絶倒、かなり笑えます。

しかし何より肝心なのは、アイアンマンとキャプテン・アメリカの対立構図が明確である点です。その人格に些か欠損のあるアイアンマンことトニー・スタークと、根っからのヒーローで正義を貫こうとするキャプテン・アメリカとが相容れないというストーリー展開には、成る程説得力がありますわ。こうしてみると、DCコミックのバットマンvsスーパーマンのダメさ加減が際立つなあ。。。

残念ながらシリーズものなので、過去の作品を見ていないと魅力半減。特に今作は”キャプテン・アメリカ”シリーズの前作”ウィンター・ソルジャー”は復習必須です。そして、”アベンジャーズ”シリーズの”エイジ・オブ・ウルトロン”も見ておいた方がいいですね。
お決まりのエンドクレジット後のボーナス映像ですが、今回は二段構えになっているので、慌てて席をたたないで〜
スポンサーサイト
  •   04, 2016 18:30
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment