HAIL, CAESAR!…ヘイル、シーザー!…

ヘイルシーザー
監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
キャスト:ジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、オールデン・エアエンライク、レイフ・ファインズ、ジョナ・ヒル、スカーレット・ヨハンソン、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン、チャニング・テイタム




(allcinema映画データベースよりコピペ) 
「ノーカントリー」「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」のジョエル&イーサン・コーエン監督が1950年代のハリウッドを舞台に、ジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、スカーレット・ヨハンソンをはじめとする豪華オールスター・キャストで贈る痛快ミステリー・コメディ。スタジオ内のトラブル処理を請け負う主人公が、誘拐された大物スターの捜索の過程で、映画俳優をはじめ一癖も二癖もあるスタジオの住人たちと繰り広げるドタバタ劇の行方を、往年のハリウッド黄金期への郷愁や映画愛を織り交ぜつつユーモラスかつシニカルに描き出す。
 1950年代、ハリウッド。エディ・マニックスは映画スタジオ内で起こるどんなトラブルにも対応する汚れ仕事請負人。わがままなスターたちの尻ぬぐいに追われ、悩み多き日々を送っていた。そんな中、テレビの台頭に危機感を抱いたスタジオでは、命運をかけた歴史スペクタクル超大作「ヘイル、シーザー!」の製作に乗り出す。ところがその撮影中に肝心の主演俳優ウィットロックが誘拐される大事件が発生する。さっそく事件解決に向けて動き出すエディだったが…。





コーエン兄弟は、時に人間の本質に深く切り込み、限りなく救いのない作品を撮りますが、今作は違います。もうこれは、彼らの映画への限りない愛に満ちた作品です。しかも、ハリウッドが最もハリウッドらしく輝いていた時代。但しその反面、政府による赤狩りの影響を受け、多くの映画人が辛酸をなめた時代でもありました。そんなこんなを織り交ぜて、コーエン兄弟はなんともチャーミングな作品を作りあげています。

主役級の俳優がそれぞれのエピソードで持ち味を発揮していますが、なんと言ってもシブ地味な役どころを演じたジョシュ・ブローリンがダントツに良いですね。その存在感といい演技といい言う事無し、彼が真の主役です。そして、あのジョージ・クルーニーを徹底的に弄る潔さも効いています。普段はダンディで売ってる彼が、こんな狂言廻しを嬉々として演じているのも嬉しい。

黄金期のハリウッド事情を知っている人ならば、まちがいなく楽しめます。そうでない人は、ちょっと予習をしてからの鑑賞をオススメしまーす。

スポンサーサイト
  •   19, 2016 21:09
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment