ER IST WIEDER DA/ LOOK WHO'S BACK…帰ってきたヒトラー…

ヒトラー
監督:ダーヴィト・ヴネント
キャスト: オリヴァー・マスッチ、ファビアン・ブッシュ、クリストフ・マリア・ヘルプスト、カッチャ・リーマン、フランツィスカ・ヴルフ、ラース・ルドルフ、ミヒエル・ケスラー、トマス・ティーマ




(allcinema映画データベースよりコピペ)
現代にタイムスリップしたアドルフ・ヒトラーが、モノマネ芸人と誤解されて大ブレイクしていくさまを過激な風刺で描いて世界的ベストセラーとなったティムール・ヴェルメシュの同名小説を映画化したドイツ映画。主演は舞台を中心に活躍するオリヴァー・マスッチ。監督は、これが日本初紹介のダーヴィト・ヴネント。
 1945年に自殺したはずのアドルフ・ヒトラーが、なぜか2014年のベルリンにタイムスリップして甦る。やがて彼をモノマネ芸人と勘違いしたディレクターにスカウトされ、テレビ番組に出演することに。すると、ヒトラーが生きていたらいかにも言いそうな言葉で現代のドイツを斬りまくると、その“芸”の完成度が評判を呼び、彼はたちまち大ブレイク。しかも言っている内容も意外に真理を突いていると迷える現代人の心を捉え、いつしか再び大衆の支持を集め始めてしまうヒトラーだったが…。





コレ、凄い作品です。笑うに笑えない、ブラック・コメディでした。
そっくりモノマネさんと持ち上げていたつもりの本物ヒトラーに、一般大衆が感化され掌握されていく過程を、アドリブ街頭インタビューを織り交ぜて描いていく。しかも劇中で、ヒトラー自身に『私が大衆を導いたのではない。大衆が私を選んだのだ』と語らせる。経済格差の拡大や難民の大量流入などの影響で価値観が大きく揺らぐ現代に、再びヒトラーが選択される可能性が潜んでいるという強いメッセージが込められています。

ドイツ人は、ナチスドイツの大罪に目をそらすこと無く自省・学習し、同じ間違いを起こすことのないよう明確に教育されているからこそ、こう言った過激なコメディを世の中に送り出す事ができるのでしょう。それでも、政治的に大衆は愚衆となり得ると、改めて感じさせる作品でした。

スポンサーサイト
  •   22, 2016 23:30
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment