LEGEND…レジェンド 狂気の美学…

レジェンド
監督:ブライアン・ヘルゲランド
キャスト: トム・ハーディ、エミリー・ブラウニング、デヴィッド・シューリス、ダフィー、タロン・エジャトン、クリストファー・エクルストン、チャズ・パルミンテリ、ポール・ベタニー






(allcinema映画データベースよりコピペ) 
「インセプション」「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のトム・ハーディが、頭脳と暴力で60年代のロンドンを支配した実在の双子のギャング、クレイ兄弟を1人2役で演じた実録犯罪ドラマ。共演は「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」のエミリー・ブラウニング。監督は「L.A.コンフィデンシャル」でアカデミー脚色賞を受賞した「ROCK YOU! [ロック・ユー!]」「42 ~世界を変えた男~」のブライアン・ヘルゲランド。
 1960年代初頭のロンドン。華やかで活気にあふれたこの街で、裏社会を支配していたのが双子のギャング、レジナルド・クレイ(レジー)とロナルド・クレイ(ロン)。強い絆で結ばれたクレイ兄弟だったが、その性格は対照的。理知的で商才にも長けた兄レジーに対し、弟ロンはひたすら凶暴で、すぐにキレて手がつけられなくなってしまう。そんな中、部下の妹フランシスと恋に落ちたレジーは、彼女のために犯罪から距離を置くようになり、ナイトクラブの経営に注力していく。それが気にくわないロンは破滅的な行動でたびたびトラブルを招き、次第に兄弟の間に大きな溝が生じてしまうのだったが…。




トム・ハーディは、個人的に現在イチオシのイギリス俳優さんで、昨年の新作『マッド・マックス 怒りのデスロード』の主役を演じて話題になりました。新しいところでは、デカプーがオスカーを獲った『レヴェナント』での敵役で、オスカー・ノミニーに。すでにアップ済みの『チャイルド44 森に消えた子供たち』『オン・ザ・ハイウェイ その夜86分』などなどオススメ作品目白押しで、アクションだけでなく演技派としても注目です。

そんな彼が、名脚本家でもあるブライアン・ヘルゲランド監督の元、実在のツイン・ギャング二役を演じ分けた今作。双子だからこそ愛僧混じり合う複雑な感情を絶妙に表現しています。特に、男妾の少年を連れ歩く情緒不安定な弟ロンの人格崩壊ぶりが見もの。常に理知的であろうと努める兄レジーの理性を翻弄するロンの不気味な感性がリアルに描かれています。
そして、彼を取り巻くゲイの少年。なんだか見覚えあるなあ…と思っていたら、ナント!『キングスマン』でリクルートされる新米エージェントを演じていたタロン・エジャトン君じゃあありませんか!労働者階級のイケイケ青年のイメージを大きく塗り替え、今作では、なんとも不健康で不埒な表情を見せてくれます。なかなかエグいですぞ。ちょい役、しかもノンクレジットでポール・ペダニーが出ていたり、レジーの妻役エミリー・ブラウニングの儚さも良かったし、いやあ、いろいろ発見の多い作品でした。


しかし、トム・ハーディはやっぱりイイですね〜。しばらくは目が離せませんwa






スポンサーサイト
  •   21, 2016 23:30
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment