BROOKLYN…ブルックリン…

ブルックリン
監督:ジョン・クローリー
キャスト:シアーシャ・ローナン、ドーナル・グリーソン、エモリー・コーエン、ジム・ブロードベント、ジュリー・ウォルターズ




(allcinema映画データベースよりコピペ)
コルム・トビーンの同名小説をニック・ホーンビィの脚色、「つぐない」「ハンナ」のシアーシャ・ローナン主演で映画化したドラマ。1950年代を舞台に、アイルランドの田舎からニューヨークのブルックリンへとやって来た移民少女が、新天地と故郷の狭間で揺れ動きながら繰り広げる恋と成長を瑞々しく綴る。共演はエモリー・コーエン、ドーナル・グリーソン、ジム・ブロードベント、ジュリー・ウォルターズ。監督は「ダブリン上等!」「BOY A」のジョン・クローリー。
 アイルランドの小さな町エニスコーシーで姉と母と3人で暮らす少女エイリシュ。町の食料品店で働く彼女は、意地悪な女店主にこき使われながらも、どうすることもできな閉塞感に苛まれていく。そんな妹を心配した姉ローズの力添えを得て、エイリシュは一大決心の末に単身アメリカへと渡る。過酷な船旅を経て、ようやく新天地となる大都会ニューヨークへと降り立ったエイリシュ。ブルックリンの高級デパートで売り子として働き、同郷の女性たちと寮生活を送る。しかしなかなか新生活に馴染めず、辛い日々が続く。そんな中、ダンスパーティで知り合ったイタリア系の好青年トニーと付き合うようになり、少しずつ自信を取り戻していくエイリシュだったが…。






何と言っても、シアーシャ・ローナンの美しさと演技が光る作品でした。そして、巧みな色使いがレトロな雰囲気を醸し出し、主役の彼女の美しさを一層引き立たせます。
ニューヨークで大人の女性としての気品とプライドを身につけたエイリッシュ。彼女が帰省したアイルランドで見せる表情には自信と共にしたたかさも見え隠れし、果たして彼女がどんな決断を下すのか…、そしてその結末は思いがけない形で訪れ、まるでサスペンスストーリーを見る思いでした。巧みに伏線張りつつ、前向きに生きる女性のしたたかさを真正面から捉た脚本も素晴らしい。

男性にとっては苦々しいストーリーかもしれませんが、おそらくほとんどの女性が共感出来る作品です。とにかく、オンナは強い…。
スポンサーサイト
  •   02, 2016 14:37
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment