SING STREET…シング・ストリート 未来へのうた…

シング
監督:ジョン・カーニー
キャスト フェルディア・ウォルシュ=ピーロ 、ルーシー・ボーイントン、マリア・ドイル・ケネディ、エイダン・ギレン 、ジャック・レイナー、ケリー・ソーントン、ベン・キャロラン、マーク・マッケンナ、ドン・ウィチャリー




(allcinema映画データベースよりコピペ)
「ONCE ダブリンの街角で」「はじまりのうた」のジョン・カーニー監督が、自身の少年時代の体験をベースに撮り上げた音楽青春映画。80年代のアイルランドを舞台に、学校にも家庭にも様々な問題を抱え、悩み多き日々を送る14歳の少年が、愛しの彼女を振り向かせようとバンドを組み、音楽を通して仲間たちとの友情を深めていくさまと、ヒロインとの切ない恋の行方を、80年代ヒット・ナンバーの数々とともに描き出す。主人公にはオーディションで選ばれた新人、フェルディア・ウォルシュ=ピーロ。共演にジャック・レイナー、ルーシー・ボーイントン。
 1985年、大不況にあえぐアイルランドの首都ダブリン。父親の失業で優秀な私立学校から荒れた公立学校への転校を余儀なくされた14歳のコナー。両親はケンカが絶えず、学校でもさっそくイジメの標的に。そんな彼にとって、音楽オタクの兄ブレンダンの解説を聞きながらミュージックビデオ番組を観るのが唯一の楽しみ。すっかりデュラン・デュランの虜になってしまったコナー。ある日、自称モデルの美女ラフィーナと出会い、たちまち一目惚れ。思わず口をついて出た誘い文句は“僕のバンドのビデオに出てくれ”だった。慌ててメンバーを集め、即席のバンドを結成して猛練習を開始するコナーだったが…。






超青臭い、どストレートな青春映画です。音楽と恋愛が人生の二大関心事である少年の成長が、80年代のヒット曲と共に綴られ、小っ恥ずかしいエピソードがいくつも重ねられるのですが、これが不思議と嫌味が無い。ロンドンで流行りのMVに感化され、度々風貌の変わる主人公コナー君がキュートなのは勿論、それに加えて彼の兄ブレンダンが繰り出す人生訓が何とも味わい深いのです。
チョイと調べてみれば、この兄役ジャック・レイナーって、こないだ観た『ロイヤルナイト…』で王女様のお世話空軍兵士を演じていたんですね~。その時はイマイチ冴えない役者さんに見えたけれど、今作ではこの個性的なブレンダンを好演しています。今後も要チェックですwa。

当時の音楽といえば、デュラン・デュランくらいしか知らないワタクシですが、それでも妙に前向きになって、も一回音楽をやってみようかなぁ…と思わせてくれるチャーミングな作品でした。オススメです。
スポンサーサイト
  •   19, 2016 21:18
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment