THE LEGEND OF TARZAN/…ターザン:REBORN…

ターザン
監督:デヴィッド・イェーツ
キャスト:アレキサンダー・スカルスガルド、サミュエル・L・ジャクソン、マーゴット・ロビー、ジャイモン・フンスー、クリストフ・ヴァルツ、ジム・ブロードベント





(allcinema映画データベースよりコピペ)
「ハリー・ポッター」シリーズのデヴィッド・イェーツ監督がターザンを主人公に贈るアクション・アドベンチャー大作。英国貴族となったかつてのターザンが、さらわれた妻を取り戻すため、再びジャングルの帝王となり悪との対決に挑む。主演はTV「トゥルーブラッド」のアレキサンダー・スカルスガルド、共演にサミュエル・L・ジャクソン、マーゴット・ロビー、クリストフ・ヴァルツ。
 19世紀末の英国ロンドン。家督を継いで貴族となり、愛する妻ジェーンとともに裕福な暮らしを送る、かつてのターザンことジョン・クレイトン。国政にも関わる彼は、外交に協力するため、ジェーンを伴い故郷のコンゴを訪問する。しかし巧妙に仕組まれた罠によってジェーンが連れ去られてしまう。愛する妻を取り戻すため、すべてを捨ててジャングルへと舞い戻り、ターザンとしての眠れる野生を呼び覚ましていくクレイトンだったが…。




随分古い時代から小説や映画などに登場してきたターザン。ジャングルを縦横無尽に駆け巡り、野生動物とも心を通わせるキャラクターとして馴染み深くはあるのですが、個人的には漠然としたイメージを持つのみ。そんなターザンが知性と教養を身に付けたニューヒーローとしてreborn しました。

主役は、アベンジャーズシリーズ、パイレーツオブカリビアンシリーズなどでお馴染みのステラン・スカルスガルドの息子アレキサンダー・スカルスガルド。お父様よりソフトイメージで中々の二枚目俳優さんです。
お話は、ヨーロッパ諸国によるアフリカ征服をテーマに、富を獲得するための利権を巡る争いを絡めた冒険活劇となっています。知性的なターザンが新鮮ならば、彼のパートナー、ジェーンも強い意志を備えた逞しく女性として描かれ、こちらもニューヒロインの名にふさわしい。敵役クリストフ・ヴァルツも存分に持ち味発揮し、今作では久し振りに彼らしい悪役演技が楽しめます。

そんな訳で、新しい伝説として蘇った知性派ターザンが大活躍する冒険活劇は、掘り出しモノのエンタメ映画でした。




スポンサーサイト
  •   11, 2016 14:38
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment