11 MINUTES…イレブン・ミニッツ…

11ミニッツ
監督:イエジー・スコリモフスキ
キャスト:
リチャード・ドーマー 映画監督
パウリナ・ハプコ アンナ
ヴォイチェフ・メツファルドフスキ アンナの夫
アンジェイ・ヒラ ホットドッグ屋の主人
ダヴィッド・オグロドニック バイク便の男
アガタ・ブゼク 登山家(女)
ピョートル・グロヴァツキ 登山家(男)
ヤン・ノヴィツキ 画家
アンナ・マリア・ブチェク 医者
ウカシュ・シコラ 少年
イフィ・ウデ 犬を連れた女
マテウシュ・コシチュキェヴィチ 元ボーイフレンド
グラジナ・ブウェツカ=コルスカ 産気づいた女
ヤヌシュ・ハビョル 死んだ男





(allcinema映画データベースよりコピペ)
「アンナと過ごした4日間」「エッセンシャル・キリング」のイエジー・スコリモフスキ監督が、午後5時から5時11分までの限られた時間に焦点を絞り、様々な登場人物たちが繰り広げるありふれた日常の一コマ一コマが、やがて思いも寄らぬ結末へと収斂していくさまをモザイク状に描いた実験精神あふれる群像サスペンス。街に午後5時を告げる鐘が鳴る中、一人の男が慌てて家を飛び出し妻のもとへと向かう。その妻は女優で、優雅なホテルの一室で下心ミエミエの映画監督と一対一の面接に臨もうとしていたが…。






群像劇が続きます。。。
実は、一見何の繋がりもないエピソードが次々と重なり合い、ラストで一気に輻輳する群像劇が大好き。思い当たるだけでも『マグノリア』『クラッシュ』『バベル』などなど秀作が有りますが、隠れた伏線が小さな火花を散らす様に一つ一つ煌めき、その度毎に人間の繋がりは迷宮そのものと感じずにはいられません。

で、そこで本作。確かにラストのある出来事に物語が収斂する群像劇ではあるのですが、そのカタルシスは今一つ。というのも、キャラクターの掘り下げが不十分で、伏線が弱いんだなあ。。。しかも、わずか11分間に起きる複数の出来事を並列させる実験的手法は、時系列が交錯し、いかにも唐突。確かにモザイクといえばそうなんだけれど、かなり注意深く観察(⁉︎)していないと混乱します。。

11分後の出来事として映し出される一連の映像には集約感があって見応えあるだけに、ちょっと残念な作品でした。やっぱ、映画って脚本が大事だよなあ。。。




スポンサーサイト
  •   07, 2016 18:20
  •  0
  •  0

Comment 0

Leave a comment